FC2ブログ








ほんとうに分かるまで、相手を観察する 

 

相手の見えている感情の部分なんて、ほんの一割か二割。

 

残りの九割近くが隠れているんだ。

 

 

こんな状態で相手のことを分かったつもりになるから、行き違いが生じるじゃないかな。

 

 

自分の感覚だけで分かったつもりになるんじゃなくて、

 

「ほんとうに分かるまで、相手を観察する」

 

これが大切だと思うよ

 

 

=================================================

 

 

お客さまのことはよく知っている…

 

この油断、ほんとうに怖い落とし穴です。

 

 

「知らないということを知る」

 

お客さまと強い絆を築くためには、この姿勢が大切なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/06/03 06:19 ] 本音の技術 | TB(1) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/06/03 12:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿

 

コメントと応援、感謝
いつもほんとうに、有り難うございます














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a888a.blog17.fc2.com/tb.php/3052-c2b6a083


まとめtyaiました【ほんとうに分かるまで、相手を観察する】

 相手の見えている感情の部分なんて、ほんの一割か二割。 残りの九割近くが隠れているんだ。  こんな状態で相手のことを分かったつもりになるから、行き違いが生じるじゃないかな。  自分の感覚だけで分かったつもりになるんじゃなくて、 「ほんとうに分かるまで、...
[2012/06/03 10:36] URL まとめwoネタ速neo