スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「認識」が麻痺すると問題を引き起こす 

 

さまざまな会社やお店をリサーチしていますと、「認識」が麻痺しているケースが多数見受けられます。

 

例えば、定期的なメールやニュースレター。

 

お客さまが受け取ってくれているということだけで、

自分たちは受け入れられている…

と思っているケースです。

 

たしかに、お客さまから正式に拒否はされていません。

しかし、本当に受け入れられているのかというと、そうではありません。

 

一般的な会社やお店のデータを集めてみますと、

断るのも気が引けるから、読まずにゴミ箱へ…

というような内容が90パーセントを遥かに超えており、圧倒的に多かったのです。

 

ようするに、受け入れられているのではなく、本心で言えばあまり興味がないけど、拒否すること自体に気が引けるから、受け取っているだけなのです。

 

90パーセント以上のお客さまと、現実にはコミュニケーションがとれてない…

これは由々しき問題です。

 

では、全部の会社やお店が、こういった状況なのかというと、それも違います。

 

一部の優良な会社やお店は、7~80パーセントのお客さまが、定期的なメールやニュースレターを楽しみにしているのです。

 

もちろん、反応が高い分、それだけ売上げにも繋がっていました。

 

自分たちは受け入れられている…

こんな認識が、これだけの差を生み出していたわけです。

 

認識を変えれば、行動も変わる…

 

まずは認識を変えて、本当にお客さまに受け入れられるものへと改善を図ってください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/09/01 04:34 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿

 

コメントと応援、感謝
いつもほんとうに、有り難うございます














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a888a.blog17.fc2.com/tb.php/2881-b3bcbfbe












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。