スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

常識のとらわれない発想 

 

常識とは何だと思いますか?

 

ある方から、こんな質問を受けました。

 

たしかに、深く考えれば考えるほど、とてつもなく難しい問題です。

 

ただ、二つほど言えることがあります。

 

それは、

今現在、妥当だと思われている考え…

であることは間違いないと言うことです。

 

それと、もう1つ、

常に変わりゆく考え…

であることだとも言えます。

 

ようするに、

普遍ではない考え…

と言えるのではないかと思います。

 

常識とは、普通に考えれば、

誰もが共通して持っている知識…

と言えます。

 

しかし、これには「今」という大前提が付くと思うのです。

 

なぜなら、百年前の常識が今に通用しないように、今の常識も百年後には通用しないからです。

 

言い換えれば、常識とは、

誰かが常識の壁を打ち破り、新たな常識を作る…

この繰り返しの中の、ほんの一瞬だけ「妥当だと思われている考え」でしかないのだと思います。

 

多くの先人が、

常識にとらわれるな…

と言い続けている真意は、私のような若輩者には及びも付きません。

 

ですが、常識は変わるもの、いや、変えるものであることは間違いないはずです。

 

飛行機が空を飛び、ロケットが宇宙を飛ぶ…

こんな画期的な発明も、常識にとらわれない発想から生まれたのですから。

 

常識にとらわれない発想…

明るい未来を作るためにも、ぜひこういった発想で、物事を考えるようにしてみてください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/08/04 04:37 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿

 

コメントと応援、感謝
いつもほんとうに、有り難うございます














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a888a.blog17.fc2.com/tb.php/2797-6431c4a1












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。