スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お互いを信頼していない「上司」と「部下」 

 

リサーチデータを見ていると、とても興味深い事実を見つけることがあります。

 

例えば、ある調査データでは、

上司に必要だ(可愛がられている)と思われているか?

という調査項目に対して、

約80パーセント人がNOと答えていました。

 

また他の調査データでは、

必要だ(有能だ)と思う部下は全体の何パーセントか?

という調査項目に対して、

これまた、約80パーセントの人が、20パーセント以下と答えていたのです。

 

よく見ると、とても不思議な一致が見て取れます。

 

その一致部分とは、

上司、部下ともに約20パーセントの人しか、お互いを信頼していない…

という点です。

 

ではこの調査データは、

内部コミュニケーションのとれていない企業のものなのか?

と思うかもしれません。

 

しかし、そうではないのです。

この調査対象は、ごく一般的な企業の社員を対象にしたものなのです。

 

ようするに、社内の表面的なコミュニケーションは別として、本音の部分では、この程度しかお互いを信頼していないというのが現状のようなのです。

 

企業内でのコミュニケーションに改善の余地はあまりない…

などという声を聞くこともありますが、こういったデータを見ていると、まだまだ改善の余地はあるのではないでしょうか。

 

良いコミュニケーションはお互いの能力を高める…

あなたの会社お店でも、もっともっと潜在能力はあるはずですので、その能力を最大限に引き出せるようにコミュニケーションを活用してください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/07/29 05:21 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿

 

コメントと応援、感謝
いつもほんとうに、有り難うございます














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a888a.blog17.fc2.com/tb.php/2779-0adf77e5












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。