絶妙のバランスを作り出す 

 

安く売ると、

 

1個あたりの利益は減る…

 

よね。

 

 

でもね、

 

安く売ることで、全体のお客さまが増える…

 

と、どうなると思う…?

 

 

こうなると、

 

多少安く売っても、全体の売上げは増える…

 

んだ。

 

 

つまり、

 

この絶妙のバランスを作り出す…

 

ことが、

 

会社の成長発展…

 

に繋がるんだよ。

 

 

=================================================

 

 

たしかに、

 

1個あたりの利益を確保する…

 

というのも、正しい戦略の1つです。

 

 

ただ、

 

全体のバランスを考えた、安売り戦略…

 

も、また、正しい戦略の1つなんです。

 

 

安さを売りにして、全体のお客さまを増やし、全体の売上げをアップさせる…

 

さまざまな視点で戦略を考えることも、会社を成長発展させるためには、必要なことなのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/09/30 06:51 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

鍛錬することで上手になる 

 

何をするにしても、

 

最初はうまくいかない…

 

ものだよ。

 

 

ただね、

 

だからって、ここで諦めちゃダメ…

 

なんだ。

 

 

繰り返し繰り返し鍛錬する…

 

ことで、

 

段々上手になる…

 

んだから…。

 

 

=================================================

 

 

鍛錬すれば、上手になる…

 

まさに、その通りです。

 

 

しかし、多くの場合、

 

この鍛錬を避けようとする…

 

のも事実です。

 

 

これでは、上手になることはありません。

 

 

たとえ最初は、どんなに下手くそであっても、繰り返し繰り返し鍛錬する…

 

最初の多少の上手下手の違いなどは、長い長い道のりでは、ほんの僅かな違いでしかないのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


合うお客さまを見つけて売る 

 

赤色と青色、どちらの色が好きか…?

 

っていのは、

 

個人の好み…

 

だよね。

 

 

商品もこれと同じなんだ。

 

 

自社の商品が、

 

合わないお客さま…

 

もいれば、

 

合うお客さまもいる…

 

んだ。

 

 

だから、

 

合うお客さまを見つけて売る…

 

方が、

 

より売りやすい…

 

ってことなんだ。

 

 

=================================================

 

 

合うお客さまを見つけて売る…

 

たしかに、その通りです。

 

 

しかし、現実は、

 

誰彼かまわず売っている…

 

から、

 

売るのが難しくなっている…

 

のも事実なんです。

 

 

合わないお客さまを無理矢理説得するより、合うお客さまを見つけてアプローチする…

 

売るのが難しいお客さまを口説き落とすことも必要なことですが、できるだけ楽に売ることも大切なことなのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/09/28 06:32 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

独自の誇れるところがある 

 

自社とまったく同じことができる会社…

 

なんて、ないんだ。

 

 

なのに、

 

疑心暗鬼…

 

に陥って、

 

自社の立ち位置を見失ってしまう…

 

んだ。

 

 

だから、

 

自分たちには、独自の誇れるところがある…

 

という、

 

自信も必要…

 

だと思うな。

 

 

=================================================

 

 

独自の誇れるところ…

 

たしかに、まったく同じなんてことはないのです。

 

 

言い換えれば、

 

独自の誇れるところ…

 

を伸ばしていけば、

 

過当競争に巻き込まれる…

 

こともないのです。

 

 

自社独自の誇れるとこに目を向けて、自信を持って、そこを伸ばしていく…

 

疑心暗鬼に陥って、他社に引け目を感じるのではなく、胸を張って誇れるところを伸ばすことが必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/09/27 06:57 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

自らの手で育てないとダメ 

 

優秀な社員が欲しい…

 

と、

 

誰だって思う…

 

よね。

 

 

ならば、

 

こういった社員が、どこからともなく現れてくれる…

 

のだろうか…?

 

 

そんなことはないよね。

 

 

つまり、

 

優秀な社員は、自らの手で育てないとダメ…

 

だってことだよ。

 

 

=================================================

 

 

自らの手で育てないとダメ…

 

まさに、その通りだと思います。

 

 

しかし、現実は、

 

安易に、外の求めて失敗する…

 

ことの方が多いのも、事実なんです。

 

 

ほんとうに優秀な社員は、他のどこかにいるのではなく、自らの会社の中にいる…

 

安易に他に求め、ほんとうに優秀な社員を育てることを怠れば、いつまで経っても、会社の成長はないのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


どちらのやり方が合ってるか…? 

 

商品の数や種類を増やせば、売れる…

 

こともある。

 

 

逆に、

 

商品の数や種類を減らせば、売れる…

 

こともある。

 

 

つまり、

 

どちらが正解か…?

 

じゃないんだ。

 

 

どちらのやり方が、

 

自社のお客さまに合ってるか…?

 

が問題なんだよ。

 

 

=================================================

 

 

たしかに、

 

増やすか、減らすか…?

 

どちらが正解かを求めようとします。

 

 

しかし、重要なのは、そこではないのです。

 

 

自社のお客さまには、「どちらの売り方が、より合っているのか」を考えてみる…

 

売り方の一つ一つの方法論というのは、どれが正しいかではなく、どれがお客さまに受け入れられるかが、重要なポイントなのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/09/25 06:34 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

モノを売るのは、とても大事な仕事 

 

モノを売る…

 

というのは、

 

誰もがしていること…

 

なんだ。

 

 

職種や、業種が何であれ、

 

何かを売って、その代金をもらう…

 

基本は、これなんだ。

 

 

言い換えれば、

 

モノを売る…

 

ってことは、

 

とても大事な仕事…

 

なんだよ。

 

 

=================================================

 

 

モノを売る…

 

こう聞いただけで、

 

強引なセールスを想像する…

 

かもしれません。

 

 

しかし、言われるように、

 

本来は、とても大切な仕事…

 

なんです。

 

 

モノを売ることに引け目を感じるのではなく、もっと自信を持つこと…

 

素晴らしい仕事をしているという自覚と自信を持って、モノを売るからこそ、商売はうまくいくのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/09/24 06:55 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

殻に閉じこもってたら… 

 

商売は、

 

専業…

 

これが基本だと思うよ。

 

 

ただね、

 

時が来れば、専業以外でも一歩踏み出す勇気も必要…

 

なんじゃないかな。

 

 

だってね、

 

いくら専業が基本…

 

と言っても、

 

殻に閉じこもってたら、外の世界は見えない…

 

からね。

 

 

=================================================

 

 

専業は商売の基本…

 

これは、紛れもない事実です。

 

 

ただ、

 

外にあるチャンスを手にする…

 

ためには、

 

一歩踏み出す勇気が必要…

 

なのも、また事実なんです。

 

 

時が来たなら、勇気を持って、専業以外の外の世界へと一歩を踏み出すことも必要…

 

専業をおろそかにするのではなく、さらに成長発展させるためには、外に一歩踏み出すことも必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


他人事ではなく、自分事にする 

 

お客さまは、

 

他人事だと思うと、反応なんてしてくれない…

 

んだ、

 

 

だから、

 

「お客さま自身のことですよ…」

 

と、訴えかけないと…。

 

 

そうすれば、

 

自分事なんだから、身を乗り出してくる…

 

もんだよ。

 

 

=================================================

 

 

他人事…

 

たしかに、

 

他人事だと無関心になってしまう…

 

ものです。

 

 

つまり、お客さまにとって、

 

他人事ではなく、自分事にする…

 

ことが必要なんです。

 

 

お客さまにとって、他人事ではなく、自分事になるようにする…

 

他人事になってしまうと、興味も関心も示してくれませんので、自分事になるようにすることが必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/09/22 06:29 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

回転率だけでは図れないもの… 

 

回転率を考えれば、

 

長居されるお客さま…

 

は、避けたいよね。

 

 

でもね、

 

回転率だけでは図れないもの…

 

もあるんだ。

 

 

お客さまがのんびりくつろげる…

 

ってことも、

 

お客さまを引き付ける、大きな魅力といえる…

 

からね。

 

 

=================================================

 

 

利益を上げるために、

 

すべを杓子定規に考える…

 

たしかに、これも必要かもしれません。

 

 

しかし、

 

お客さまにしてみれば、のんびりくつろげる…

 

というのも、大きな魅力なんです。

 

 

目先の利益だけではなく、お客さまに喜んでもらえる魅力も大切にする…

 

目先の利益も大切ですが、お客さまを引き付ける魅力を大切にすることも、商売では必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/09/21 06:27 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)