スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

額に汗をかくことから逃げない 

 

右から左で、お金を儲ける…

 

たしかに、誰だって憧れる。

 

 

だからって、

 

額に汗することが悪い…

 

分けじゃないんだ。

 

 

ほんとうに悪いのは、

 

額に汗をかくことから逃げ、楽ばかり求めている…

 

その姿勢なんだよ。

 

 

=================================================

 

 

創意工夫して、少しでも楽にする…

 

これは、とても素晴らしいことです。

 

 

ただ、

 

額に汗すること…

 

が、あってのものなんです。

 

 

額に汗することをいとわず、創意工夫しながら必死に仕事に打ち込む…

 

こういった姿勢から生まれるお金儲けの方法が、他より楽であるのも、これも一つの才と呼べるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーサイト

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/04/30 06:16 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

本気で育てようと思えば、育てられる 

 

最高の人材は、外にしかいない…

 

これも、一理ある。

 

 

なら、本当に、

 

最高の人材は、社内にはいない…

 

のだろうか…?

 

 

そうは、思いたくないよね。

 

 

本気で育てよう…

 

と思えば、

 

育てられる…

 

こう思いたいよね。

 

 

=================================================

 

 

耳に痛い言葉です。

 

 

簡単に外に人材を求める…

 

たしかに、昨今の風潮では、あります。

 

 

ただ、人を育ててさえいれば、

 

必ず社内にも人材はいるはず…

 

なんです。

 

 

外に人材を求めることもより、自社で育てることを第一に考える…

 

企業文化を創り、支えてきた、たたき上げの人たちだけにしか、できないこともあるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ある程度の商品の品揃えも必要 

 

売れる商品があると、それだけを置きたくなる…

 

これが売り手の心理なんだ。

 

 

なら、

 

買い手の心理…

 

は、どうなんだろうか…?

 

 

実は、

 

比較対象の、うれない商品がある…

 

方が、

 

売れる商品を手に取りやすい…

 

んだ。

 

 

つまり、

 

ある程度の商品の品揃えも必要…

 

だってことなんだ。

 

 

=================================================

 

 

選択肢がある…

 

というのは、たしかに大切なことです。

 

 

資料を調べてみても、

 

選択肢があるからこそ、良い商品が欲しくなる…

 

という傾向が強いのも事実だからです。

 

 

売りたいものだけでなく、比較対照できるものも揃えておく…

 

売りたいものに手を伸ばしてもらうためにも、比較対象を作ることが必要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/04/28 06:46 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

今あるものでできると考える 

 

何かをするとき、

 

あれが足りない、これが足りない…

 

と、

 

はじめから言い訳したくなる…

 

こともある。

 

 

こんなときは、

 

往々にしてうまくいかない…

 

もんなんだ。

 

 

だから、

 

うまくいかしたい…

 

と思うなら、

 

今あるものでできると考える…

 

ことも大事なんだ。

 

 

=================================================

 

 

足りないからできない…

 

これでは、

 

はじめらからできないと決めつけている…

 

のと同じです。

 

 

今あるものでもできると信じ、その上で、方法を考えてみる…

 

足りないものに目を向けることも必要ですが、足りてることを知るのも必要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/04/27 06:45 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

魅力があれば、また行きたいと思うはず… 

 

お客さまが、

 

二度三度と足を運んでくれない…

 

のは、なぜだと思う…?

 

 

そこまでの、

 

魅力がないから…

 

なんだ。

 

 

本当に、魅力があれば、

 

誰だって、また行きたいと思って、足を運ぶ…

 

からね。

 

 

=================================================

 

 

シンプルな言葉ですが、まさに真を突いた言葉です。

 

 

また行きたいと思えば、足を運ぶはず…

 

たしかに、その通りです。

 

 

今以上の魅力を出すにはどうすればいいのかを真剣に考える…

 

魅力が足りないという現実をシッカリと受け止め、どうすれば魅力を出せるのかを考え、実践することが必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


お客さまって、こういった点を見てる 

 

購入してくれたら、

 

ありがとうございました…

 

と言うよね。

 

 

なら、

 

購入してくれなかったお客さま…

 

に、

 

またのお越しをお待ちしています…

 

と、心から言えるだろうか…?

 

 

なかなか言えないよね。

 

 

でもね、

 

お客さまって、こういった点を見てる…

 

んだよ。

 

 

=================================================

 

 

買ってくれなかったお客さまへの対応…

 

耳に痛い言葉ですが、まさに、その通りだと思います。

 

 

心から、

 

またのお越しをお待ちしています…

 

と言うからら、

 

お客さまも、また立ち寄ってくれる…

 

のです。

 

 

購入する、しないで、お客さまへの対応を変えることがないようにする…

 

買ってくれても、買ってくれなくても、大切なお客さまであることには変わりがないので、どんなときでも最高のおもてなしをすることが、必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/04/25 06:44 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

才能だけに傾くのは考えもの 

 

自社の文化に合ってない人ばかり…

 

だと、

 

会社なんてうまくいくわけがない…

 

んだ。

 

 

だって、

 

みんなバラバラの考え方…

 

じゃ前に進めないからね。

 

 

たしかに、

 

才能を重視したい気持ち…

 

は分かるよ。

 

 

ただね、

 

あまりにも才能だけに傾く…

 

のは考えものだと思うな。

 

 

=================================================

 

 

才能がある人ばかりを揃える…

 

たしかに、これも一理あります。

 

 

ただ、言われるように、

 

バラバラの考え…

 

では、

 

前に進みたくても進めない…

 

のも事実なんです。

 

 

個人の才能を重視しつつ、自社の文化に合った人を育ててゆく…

 

会社というのは、たった一人の才能だけでなんとかなるものではなく、すべての人の力が集まるからこそ、成長発展できるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/04/24 06:54 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

どこにたどり着きたいのか…? 

 

どこに行きたいのか…?

 

これが分かっていなければ、

 

旅行なんてできない…

 

よね。

 

 

会社もこれと同じなんだ。

 

 

どこにたどり着きたいのか…?

 

が分かってないと、

 

会社だってうまくいかない…

 

んだよ。

 

 

=================================================

 

 

何のために商売をするのか…?

 

何のために商売をしているのか…?

 

分かっているようで、意外と分かっていないのも事実です。

 

 

はたして、これで、商売がうまくいくのでしょうか…?

 

 

何のためなのかを明確にして、そこに向けて突き進む…

 

ものすごく当たり前のことですが、この当たり前のことができていなければ、商売はうまくいかないのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


それぞれのスタイルがある 

 

毎日、夕方に買い物に来てくれるお客さま…

 

が、いるとするよね。

 

 

このお客さまは、

 

こういったスタイルで生活している…

 

わけだ。

 

 

つまり、

 

お客さまには、それぞれのスタイルがある…

 

わけだから、

 

そこを上手にとらえないと、ものは売れない…

 

んだよ。

 

 

=================================================

 

 

お客さまのスタイルに合わせる…

 

たしかに、これは、とても重要なポイントです。

 

 

しかし、実際の会社やお店では、

 

売り手のスタイルに、お客さまを合わさせている…

 

のも事実なんです。

 

 

お客さまのスタイルを理解して、そこに売り手が合わせるようにする…

 

お客さまを集めるには、売り手が、お客さまに合わせるために、あれこれ創意工夫することが必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/04/22 06:51 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

想定しておけば、対処もしやすい 

 

どんなことが起こるか想定する…

 

というのは、とても大切なんだ。

 

 

たしかに、

 

100パーセント想定できる…

 

ってものじゃない。

 

 

ただね、

 

想定しておけば、対処もしやすい…

 

のも、ほんとなんだ。

 

 

だから、

 

こういった準備を万端に整えておく…

 

ことも、大切なんだよ。

 

 

=================================================

 

 

想定しての、準備のある、なし…

 

この違いは、ものすごく大きいものです。

 

 

まったく、想定外…

 

だと、まともな対処もできないからです。

 

 

柔軟な発想で、「どんなことが起こるのか…?」を考え、多数のシナリオを想定しておく…

 

多数のシナリオを想定することで、たとえ特殊な事案であっても、対処を誤ることは少なくなるのではないでしょうか

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/04/21 06:53 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。