fc2ブログ








限界を超えるチャンスだと考える 

 

限界を知らなければ、

 

限界を超える…

 

ことは、できないんじゃないかな。

 

 

だから、

 

限界を知って挫折する…

 

んじゃなくて、

 

限界を超えるチャンス…

 

だと、考えるようにしないと…。

 

 

そうすれば、

 

きっと、道はひらける…

 

と思うよ。

 

 

=================================================

 

 

まさに、その通りです。

 

 

限界を知れば、誰だって挫折もします。

 

 

しかし、

 

知ることができたからこそ、越えることもできる…

 

のです。

 

 

限界を知ろうとせず、そこから逃げるより、あえて限界を知る勇気を持つ…

 

限界を知るのは誰だって怖いことですが、この怖さを乗り越えることができた人だけが、チャンスの扉を開くことができるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ありふれた商品であっても… 

 

みんなが、

 

ありふれた商品…

 

を、

 

ありふれた方法で売る…

 

から、

 

お客さまは、心を動かさない…

 

んだと思うな。

 

 

ありふれた商品…

 

であっても、

 

まったく違う売り方…

 

をすれば、

 

感動も与えられる…

 

んじゃないかな。

 

 

=================================================

 

 

みんなが同じ方法で売る…

 

これでは、

 

みんなの中に埋もれ…

 

て、自社自店が目立つことはありません。

 

 

ありふれた商品であっても、奇抜な着想で「売り方」を考える…

 

誰かと同じ方法、みんなと同じ売り方を、しないといけないというわけではないので、みんなとは違う方法論を考えることが必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/04/19 06:09 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

商売人には、年中無休の覚悟が必要 

 

毎日、休むことなく仕事をしろ…

 

と、言われれば、

 

社員なら嫌がる…

 

よね。

 

 

なら、経営者ならどうだろうか…?

 

 

たしかに、

 

休みは欲しい…

 

と思うよ。

 

 

でもね、

 

年中無休の覚悟…

 

も、

 

商売人…

 

には必要なんだ。

 

 

=================================================

 

 

厳しい言葉です。

 

 

しかし、

 

この覚悟があるかないか…

 

が、

 

成否の道を分ける…

 

のも、また事実なんです。

 

 

年中無休、毎日毎日が勝負の日々という覚悟を持って商売にあたる…

 

辛く、厳しく、苦しいことかもしれませんが、この覚悟こそが、成長発展を目指す商売人には必要なことなのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/04/18 06:08 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

一貫して、ぶれない部分を持っておく 

 

人生にしても、経営にしても、

 

思ったようにならないこと…

 

は、たくさんあるよ。

 

 

そんなときは、

 

軌道修正…

 

も必要だ。

 

 

ただね、

 

一本だけは芯を通して、一貫して、ぶれない部分を持っておく…

 

ことは必要だと思うな。

 

 

=================================================

 

 

一貫して、ぶれない部分持っておく…

 

たしかに、その通りだと思います。

 

 

ただ、

 

簡単なことでない…

 

のも、事実です。

 

 

コロコロと変わるのではなく、一貫して、ぶれない部分を持っておく…

 

どんなときであっても、一貫して、ぶれない部分があるからこそ、目標に向けて突き進むことができるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


同業他社と同じじゃ、ダメ 

 

お客さまは、どんな会社と取引したいと思っているんだろうか…?

 

 

みんな同じだから、どこでもいい…

 

と思っているんだろうか…?

 

 

そんなことないよね。

 

 

どこよりも良い会社と取引したい…

 

と思ってるんだ。

 

 

だから、

 

同業他社と同じ…

 

じゃ、ダメなんだ。

 

 

飛び抜けて良くならないと…。

 

 

=================================================

 

 

まさに、真を突いた言葉です。

 

 

お客さまは、取引したくない分けではないのです。

 

 

どこよりも飛び抜けて良い会社…

 

とは言い難いから、取引を控えているだけなんです。

 

 

どこよりもずば抜けて良ければ、お客さまは必ず認めてくれる…

 

売り手さえその気になって努力すれば、お客さまは、いつでも認めてくれる準備ができているのではないのでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/04/16 06:21 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

社会が決めることだという認識を持つ 

 

会社を大きくする…

 

のは、

 

誰が決めること…

 

なんだと思う。

 

 

トップが決めることかもしれない…。

 

 

社員が決めることかもしれない…。

 

 

ただね、最終的には、

 

社会が決めることだという認識…

 

でけは、上に立つ者として持ってないとね。

 

 

=================================================

 

 

商売の才は、

 

すべて自分の力であり、自分が決めることと思いがち…

 

です。

 

 

しかし、現実は、

 

社会が決めている…

 

と言っていいのも、また事実なんです。

 

 

会社を大きくすべきだと社会に認めてもらえるように、社会のために努力する…

 

これを、きれい事ととらえるのではなく、社会のために真剣に努力する会社が、最終的には成長発展していくのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/04/15 06:23 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

何事にも、優先順位を付ける 

 

時間は永遠にあるわけじゃないよね。

 

 

人生だって、時間に限りがあるんだから…。

 

 

なら、

 

大事なことを後回し…

 

にしてたら、どうなると思う…?

 

 

時間が限られているから、できなくなる…

 

ことだってあるだ。

 

 

つまり、

 

何事にも、優先順位を付ける…

 

ことが大事なんだよ。

 

 

=================================================

 

 

優先順位を付ける…

 

たしかに、これは、とても大切なことです。

 

 

優先順位の低いものばかり…

 

に気をとられていると、

 

優先順位の高いものができなってしまう…

 

こともあるからです。

 

 

時間には限りがあるので、優先順位をシッカリと見極め、行動を起こす…

 

大切なことに使う時間を減らすことにならないように、シッカリと優先順位を決めておくことが必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


分かりやすく、興味をそそるように 

 

自分の聞きたいことと違うこと…

 

を、

 

クドクド…

 

と話されても、お客さまは、

 

買おう…

 

とは、思わないんだ。

 

 

買ってもらたい…

 

と思うなら、

 

お客さまの聞きたいこと…

 

を、

 

分かりやすく、興味をそそるように…

 

話さないとね。

 

 

=================================================

 

 

売り手の話しを聞くため…

 

に、お客さまは話しを聞いているわけではないのです。

 

 

お客さま自身の聞きたいこと…

 

に、

 

答えてもらいたい…

 

から、話しを聞いているのです。

 

 

お客さまの知りたい情報を、興味をそそるように、分かりやすく伝える…

 

お客さまの知りたい情報をどれだけ上手に伝えるかが、お客さまの気持ちを左右することに繋がるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/04/13 06:04 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

ビジネスをやる上での重要な指標 

 

統計というと、

 

毛嫌いする人も多い…

 

よね。

 

 

たしかに、

 

それがすべて正しいことじゃない…

 

とは思うよ。

 

 

統計は数字の世界だからね。

 

 

ただ、

 

ビジネスをやる上で、重要な指標であることは、間違いのない事実…

 

なんじゃないかな。

 

 

=================================================

 

 

勘を磨き、勘に頼る…

 

たしかに、これも才覚の一つです。

 

 

ただ、

 

さまざまな情を元にした統計…

 

を、

 

商売に役立てる…

 

のも、これも才覚なんです。

 

 

統計を毛嫌いするのではなく、統計も受け入れ、統計という方法論を商売に活かす…

 

ただただ毛嫌いしていたのでは、せっかくの役に立つ方法論であっても、宝の持ち腐れになってしまうのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2015/04/12 06:36 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

窮屈になると、いい仕事はできない 

 

すべてを完璧にこなす…

 

なんて、誰にもできないよ。

 

 

なのに、

 

完璧じゃなきゃダメだ…

 

と思い込んでしまうんだ。

 

 

これじゃ、

 

心も体も窮屈になって、いい仕事はできない…

 

んじゃないかな。

 

 

=================================================

 

 

完璧を求めるのは、素晴らしいことです。

 

 

ただ、言われるように、

 

完璧じゃなきゃダメだ…

 

と思い始めると、

 

窮屈になってしまう…

 

のも事実です。

 

 

雁字搦めでガチガチになるのではなく、心と体に余裕を持っておく…

 

余裕が有り過ぎて、まったく緊張しないのも考えものですが、完璧を目指すためには、ある程度の余裕も、必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。