人としての器… 

 

謙虚になる…

 

っていうのは、

 

とっても大切…

 

なことなんだ。

 

 

だってね、

 

謙虚になる…

 

には、

 

ものすごく大きな、人としての器…

 

が必要だからね。

 

 

=================================================

 

 

たしかに、その通りです。

 

 

人としての大きな器がないと、

 

慢心が自惚れとなり、それが表面に出てくる…

 

からです。

 

 

人としての謙虚さの美徳を知る…

 

上に立つ身ほど、身を反り返らすのではなく、頭を垂れることが必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


受け取り方の違いを上手に利用する 

 

同じ1割の値引きでも、

 

金額の違い…

 

で、お客さまの反応は変わるんだ。

 

 

100円のものを、10円引き…

 

と言われても、安くなった気がしない。

 

 

でも、

 

100万円のものを、10万円引き…

 

と言われたら、安くなったように感じるだろ。

 

 

だから、

 

こういった、受け取り方の違い…

 

を上手に利用することも必要なんだ。

 

 

=================================================

 

 

受け取り方の感覚…

 

これを考えた戦術は、とても重要なポイントです。

 

 

なぜなら、

 

お客さまは、自分の感覚を判断基準にしている…

 

からなんです。

 

 

同じ値引きでも、少しでも安く感じるように表現する…

 

結局は同じことだからと、何もしないことを選ぶより、手間暇掛けて創意工夫することが、売ることに繋がるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2014/05/30 06:12 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

平均的に良いってことは… 

 

おしなべて平均的に良くしよう…

 

なんて思い始めると、

 

うまく行ってたこと…

 

まで、

 

うまく行かなくなる…

 

もんだよ。

 

 

だってね、

 

平均的に良い…

 

ってことは、

 

ここだっていう、突出した部分…

 

がないってことだからね。

 

 

=================================================

 

 

多くの会社やお店が、

 

平均して良くしよう…

 

と考えているのも、ある意味事実です。

 

 

しかし、言われるように、

 

平均して良いことイコール、お客さまを引き付ける…

 

ではないのも、また、事実なんです。

 

 

突出した部分を作り、そこをアピールする…

 

突出した分があるからこそ、お客さまは引き付けられ、心を奪われるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2014/05/29 06:19 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

スピードを出さなければ、勝てない 

 

自動車レースであっても、

 

スピードを出す…

 

のは、怖いよね。

 

 

なら、

 

リスクを恐れて、スピードを出さない…

 

と、どうなるだろうか…?

 

 

ビジネスで、スピードを出す…

 

というのは、たしかにリスクが高いから怖い。

 

 

けどね、

 

出さなければ、勝てない…

 

んだよ。

 

 

=================================================

 

 

まさに、その通りであり、

 

とても分かりやすいたとえ…

 

です。

 

 

ビジネスの競争には勝ちたい、でもリスクは取らない…

 

これでは、勝つことはできません。

 

 

リスクを恐れず、アクセルを踏み込みスピードをアップさせる…

 

恐怖に打ち勝ち、挑戦する姿勢があるからこそ、会社の成長、発展が望めるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


僅かの差しか、納得してくれない 

 

安さ…

 

を売りにしようとするとき、

 

品質において、多少の犠牲は必要…

 

だと、売り手は考えがちなんだ。

 

 

でも、お客さまは、

 

多少じゃダメ…

 

なんだ。

 

 

ほんの僅かの差…

 

だけしか、納得してくれないんだよ。

 

 

=================================================

 

 

安くするのに品質の犠牲は付きもの…

 

たしかに、ある意味、しかたのないことです。

 

 

しかし、お客さまにしてみれば、

 

安くて良い品…

 

しか、買いたくはないのです。

 

 

僅かな品質の差で収めるように、創意工夫する…

 

お客さまにの心を掴み、納得してもらうためには、この僅かな差で収める努力が必要なのでないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2014/05/27 06:14 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

広い視野、長期的な計画 

 

一時的な儲け…

 

に走るのも、間違いじゃないと思う。

 

 

でもね、

 

会社を長期的に安定させる…

 

には、

 

広い視野、長期的な計画…

 

も必要なんだ。

 

 

一年は頑張ったけど、後は、それを食いつぶすだけ…

 

じゃ、会社はつぶれてしまうからね。

 

 

=================================================

 

 

今が大事…

 

たしかに、その通りです。

 

 

ただ、

 

未来に向けての今…

 

でなければ、いろいろな問題を引き起こしてしまいます。

 

 

経営は、今月だけとか、今年だけというものではない…

 

継続的に成長発展させられるように、考え、努力することも、経営者の才と言えるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2014/05/26 06:00 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

儲けることに真剣に執着する 

 

商売は、

 

儲からないと存続できない…

 

んだ。

 

 

赤字…

 

であっても、

 

売上げさえあれば、なんとかなる…

 

と、いう考え方じゃダメなんだよ。

 

 

だから、

 

儲ける…

 

ことには、

 

真剣に執着…

 

しないと。

 

 

=================================================

 

 

売上げさえ上がっていれば、

 

赤字経営…

 

であっても、すぐに、どうこうなるわけではありません。

 

 

しかし、

 

長期的には、難しい…

 

というのが、厳しい現実です。

 

 

儲けなければ、会社の存続はできない…

 

表面を飾り、いいことを言うより、実際に儲けることが、ビジネスの基本といえるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


まず、商品の良さを伝える 

 

価格と商品名…

 

を伝えただけで、お客さまは買ってくれるだろうか…?

 

 

よっぽど有名な商品…

 

で、

 

その商品の良さ…

 

が分かってないと、売れないよね。

 

 

つまりね、

 

価格や商品名…

 

も大事だけど、

 

まず、商品の良さ…

 

を伝えないと、ダメなんだよ。

 

 

=================================================

 

 

安いからというだけで、なんでも売れるわけではありません。

 

 

やはり、そこには、

 

良いものなのに安い…

 

という、

 

それなりの理由…

 

が必要なんです。

 

 

良いものであるということを理解してもらう…

 

その商品が良いものだと理解してくれるからこそ、価格や商品名も生きてくるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2014/05/24 06:22 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

同じ人間、その差は、僅差 

 

商売における、

 

才覚の差…

 

は、とても大きいかもしれない。

 

 

でも、

 

同じ人間、その差は、僅差…

 

というのも、また真実だと思うんだ。

 

 

だから、

 

僅差なら、追いつき、追い越せるはず…

 

こう考えることが、大事なんだ。

 

 

=================================================

 

 

どう考えるか…

 

たしかに、これは、とても重要なポイントです。

 

 

全く手が届かないと諦めるか…

 

それとも、

 

必ず、追いつき、追い越せると、前向きに考えるか…

 

この違いは、天と地ほどあります。

 

 

才覚の差を嘆かず、努力で変えられると信じる…

 

才覚の差だけに心を奪われ、嘆き悲しむのではなく、何事も自身の努力で変えられると信じることが重要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2014/05/23 06:17 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

失敗を避けて通ろうとせず、果敢に挑戦する 

 

失敗すると、注意するよね。

 

 

すると、どうなる…?

 

 

注意された方は、

 

失敗はダメなことだ…

 

と思うんだ。

 

 

こうなると、

 

失敗を避けて通ろう…

 

とするから、

 

果敢に挑戦する…

 

ことができなくなるんだ。

 

 

=================================================

 

 

たしかに、その通りだと思います。

 

 

失敗はダメ…

 

と言い続けられることで、

 

挑戦への恐怖…

 

が植え付けられるのも事実だからです。

 

 

失敗は成功へのヒントであり、挑戦は成功への大いなる一歩…

 

失敗はダメなものではなく、成功へのヒントであると理解し、勇気を持って挑戦することが必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。