スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

儲からないと、続けられない 

 

ビジネスは、

 

お金儲けがすべてじゃない…

 

と思うよ。

 

 

ただね、

 

儲からないと、続けられない…

 

というのも、ホントなんだ。

 

 

だから、

 

儲けられる…

 

というのも、必要な才能だと思うな。

 

 

=================================================

 

 

なんでも、お金…

 

というのは、ちょっと問題があるのかもしれません。

 

 

しかし、言われるように、

 

必要なもの…

 

であるのも、事実です。

 

 

儲けないと会社は存続できない…

 

この現実的で厳しい感覚を持つことも、経営者には必要なことなのではないでしょうか。

 

 

スポンサーサイト

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2014/02/28 06:21 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

ほんの0.1mmでも前に進む 

 

小さな努力の差…

 

なんて、目に見えないから、

 

誰もが、なおざり…

 

にしてしまう。

 

 

でもね、

 

厚さ0.1mmの紙…

 

だって、

 

数千枚、数万枚…

 

と重ねれば、それなりの高さになるんだ。

 

 

一気に前に進まなくても、

 

ほんの0.1mm…

 

でも進めば、

 

目標は近付く…

 

ってことさ。

 

 

=================================================

 

 

これは、まさに真実です。

 

 

積み重ねこそが、すべての始まりなんです。

 

 

コツコツと積み重ねる…

 

何事も、一頭時抜け出して、大きな差を生むためには、この積み重ねが必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


集客のタイミングを図る 

 

○月○日にセール終了です…

 

と言うと、

 

それまでに買おう…

 

と思う。

 

 

反対に、

 

○月○日にセールを始めます…

 

と言うと、

 

それまでは買わない…

 

と思う。

 

 

この違いを上手に使い分けて、

 

集客のタイミングを図る…

 

ことも重要なんだ。

 

 

=================================================

 

 

一見すると微妙な違いです。

 

 

しかし、よく考えると、

 

大きな違い…

 

なんです。

 

 

お客さまを集めるタイミングを上手に計画する…

 

こういったタイミングを計画することも、戦略として必要なことといえるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2014/02/26 06:51 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

トップでありたいなら… 

 

誰よりも、情熱的に売り込むのは誰か…?

 

 

これは、その会社のトップなんだ。

 

 

営業の社員なんかじゃない。

 

一番上に立つ者じゃないけないんだ。

 

 

だから、

 

トップでありたい…

 

と言いながら、

 

売り込みさえできない…

 

のなら、

 

即、トップを降りる…

 

ことだ。

 

 

=================================================

 

 

まさに、経営の神髄なのではないでしょうか…?

 

 

上に立つ者が、情熱を持って売り込まずして、いったい誰が売り込むのでしょうか。

 

 

経営のトップに立つ者の、商品を売り込むことへの情熱…

 

これが会社の発展を支える原動力であり、未来を切り開く大切な鍵といえるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2014/02/25 06:14 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

自分が先頭に立って戦う 

 

何かを変えたい…

 

と思うなら、

 

自分が先頭に立って戦う…

 

しかないよ。

 

 

自分は、後ろに引っ込んで、

 

みんな戦え…

 

と声を大にして言ったところで、

 

誰も付いてこない…

 

よ。

 

 

=================================================

 

 

たしかに、その通りです。

 

 

先頭に立って戦う…

 

からこそ、多くの人が付いていくのです。

 

 

向こう見ずなぐらいに先頭で戦う…

 

こういったトップだからこそ、多くの人が自分の未来を安心して託せるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


イメージが書き換えられたとき… 

 

一度付いたイメージ…

 

を書き換えるのは、とっても難しい。

 

 

これは、ほんとのことだよ。

 

 

ただね、書き換えられたときは、

 

今まで以上のインパクを植え付けてしまう…

 

んだ。

 

 

良いイメージでも、悪いイメージでもね。

 

 

=================================================

 

 

一度確立したイメージが崩れたとき、

 

とても強烈なインパクトを持つ…

 

これは、ある意味、とても重要なことです。

 

 

さらなる良いイメージに作り替える…

 

イメージをより強力なものにするためには、こういった果敢な挑戦も必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2014/02/23 06:25 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

正しい方向性を、キチンと示す 

 

求心力…

 

というのは、

 

方向性…

 

をキチンと示せていれば、

 

自ずと生まれてくる…

 

ものだと思うな。

 

 

だってね、

 

正しい方向性を、キチンと示すリーダー…

 

なら、

 

誰だって、付いていきたくなる…

 

と思うもんだよ。

 

 

=================================================

 

 

たしかに、

 

人を引き付ける…

 

のは、こういった、

 

リーダーとしての魅力…

 

なのかもしれません。

 

 

正しい方向性を、熱意を持って伝える…

 

こういったトップになることが、人を引き付け、強いては、会社を発展させることに繋がるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2014/02/22 06:09 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

真剣に突き詰めて、答えを出す 

 

「なんとなく…」

 

こんな言葉で終わらしたんじゃ、なんの教訓も得られない。

 

 

だから、

 

上手く行ったとき、上手く行かなかったとき…

 

どちらにしても、

 

「なんとなく…」

 

これだけで片付けてちゃダメなんだ。

 

 

なぜ、ダメだったのか…?

ぜぜ、上手く行ったのか…?

 

真剣に突き詰めて、答えを出さないとダメなんだ。

 

 

=================================================

 

 

なんのための貴重な経験なのか…

 

これを考えれば、自ずと答えが出るのかもしれません。

 

 

貴重な経験を明日への糧にするために、何を得たのかを自問する…

 

経験を活かそうとする、この真剣な姿勢が、素晴らしい未来を作るためには、必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


「なるほど…」と思わせる 

 

お客さまが、売り手の説明に、

 

「なるほど…」

 

と思ったら、どうなると思う。

 

 

気持ちが、

 

グッと傾いてる…

 

から、話が進めやすくなるわけだ。

 

 

つまり、お客さまに、

 

「なるほど…」

 

と思わせるような説明ができれば、

 

お客さまだって、簡単には断らない…

 

ってことなんだ。

 

 

=================================================

 

 

お客さまに、

 

「なるほど…」

 

と思ってもらうのは、簡単なことではありません。

 

 

売る人の人間性、お客さまに対する思い、商品に対する情熱…

 

などなど、あらゆるものが揃ってないと、ダメだからです。

 

 

「なるほど…」と思ってもらえるように、すべてを磨く…

 

技術、知識、人間性、あらゆるものを磨くことが、お客さまの心を掴むことに繋がるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2014/02/20 06:45 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

お客さまを気持ちよくさせる 

 

人間関係の深さ…

 

これによって、

 

お客さまとの接し方…

 

を変えることも、大事だと思うな。

 

 

お客さまって、

 

こういったところには敏感…

 

だからね。

 

 

つまり、

 

お客さまを気持ちよくさせる…

 

ってことも、商売のコツなんだよ。

 

 

=================================================

 

 

商売のコツ…

 

これは一つではありません。

 

 

小さな事から大きな事まで、さまざまなんです。

 

 

一つ一つのコツを大切にし、日々これを積み重ねる…

 

商売を発展させるには、この地道な努力が必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2014/02/19 06:18 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。