この一年を静かに振り返る 

 

今年も、残すところ本日一日限りとなりました。

 

そこで今日は、松下幸之助翁の言葉をみなさんに贈りたいと思います。

 

 

 

いろいろな事の多かったこの年も、まもなく除夜の鐘が鳴る。

 

お互いに、あれこれと案じてあれこれと対処して、それでうまくいったこともあるし、いかなかったこともある。

 

なぜだったのか。

 

この年の暮れに、今一度静かにふりかえってみたい。

 

個人もまた国家も。

 

 

 

みんさんも、この一年、いろいろなことがあったと思います。

 

 

だからこそ、新しい年に繋げるために、

 

今一度、この一年を静かに振り返って…

 

みてください。

 

 

 

 

 

今年も一年、みなさまに格別のご愛顧を賜りましたこと、心より厚くお礼申し上げます。

 

来る年も、みなさまにとって輝かしく健やかな一年でありますよう、お祈り申し上げます。

 

 

 

happy 拝

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/12/31 06:22 ] ご挨拶 | TB(0) | CM(0)

視点を変えて売る 

 

新しい売り方なんて、そう簡単には思いつかないですよ。

 

 

でもね、

 

今売ってる商品を視点を変えて売る…

 

ということならできるんじゃないですかね。

 

 

たとえば「飴」。

 

これを「のど飴」という視点で売れば、また違った売り方ができますよね。

 

 

これなら、お客さまも、

 

目新しい商品…

 

と思って買ってくれるんじゃないないですかね。

 

 

=================================================

 

 

何か新しいことをする…

 

これはとても難しいことです。

 

 

しかし、

 

現状に工夫を凝らす…

 

これなら誰にでも可能です。

 

 

売り方に創意工夫する…

 

これも買ってもらうための、重要なポイントの1つではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/12/30 06:55 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

いろんなことが起こるから… 

 

楽しい会社…

 

って何だろうか…?

 

 

ゴルフに行くときのように、ワクワクできる会社のこと…?

 

 

でも、いくら楽しいからって、

 

毎日、ゴルフ…

 

じゃ楽しくないし、楽しめないだろ。

 

 

たまには、いろんなことが起こらないと楽しくならないんだ。

 

 

この違いがわかると、

 

楽しい会社って何か…?

 

が、見えてくるんじゃないかな。

 

 

=================================================

 

 

楽しいというのは、

 

楽しいことだけ…

 

だと、その楽しさがわかりません。

 

 

それどころか、逆に楽しくなくなったりもします。

 

 

さまざまなことが起こるから楽しめる…

 

この考え方も商売を発展させるために必要なことの1つではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/12/29 06:16 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

まだまだ挑戦できる 

 

人間は歳をとる…

 

これは変えられない。

 

 

自然の摂理なんだから、僕たちが変えようとしても変わらない。

 

 

でも、

 

心の年齢…

 

は、いくらでも変えられる。

 

 

80才でも、現役で若々しい人はたくさんいる。

 

 

心の年齢…

 

が若ければ、

 

まだまだ挑戦できる…

 

ということなんだ。

 

 

=================================================

 

 

昔から、事を成すにおいて、

 

歳は関係ない…

 

と言われます。

 

 

まさに、その通りだと思います。

 

 

心に歳をとらない…

 

何事を成すにしても、この気力が大切なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


チャンスも溢れてる 

 

便利なものになれすぎると、どうなるかわかるかい…?

 

不便なものが欲しくなるんだよ。

 

 

どう考えても、変だろ。

 

 

でも、

 

逆も真なり…

 

これが現実なんだ。

 

 

世の中を見渡すと、いろんなものが溢れてる。

 

 

つまりだ、

 

チャンスも溢れてる…

 

ということなんだよ。

 

 

=================================================

 

 

あるものが売れると、

 

その対極のもの…

 

も売れるといわれます。

 

 

対極にあるものも視野に入れる…

 

これもまた、大切なことの1つではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/12/27 06:07 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

数字が嘘をついているんじゃない 

 

間違った手を打つことが良くあるよね。

 

これって、数字の見方を間違ってるように思うんだ。

 

 

統計の数字は素直に見れば良いんじゃないかな。

 

 

変に、斜めから見ようとするとから、

 

自分の都合の良いように数字をとらえる…

 

ようになってしまうんじゃないかな。

 

 

数字が嘘をついているんじゃなくて、見方が間違っている…

 

という事実に気がつくと、数字は役に立つと思うよ。

 

 

=================================================

 

 

数字の見方…

 

これほど主観が色濃く反映されるものもないかもしれません。

 

 

素直にみられれば良いのですが、見られないのも現実です。

 

 

数字を真っ直ぐに見てみる…

 

これも大切なことの1つではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/12/26 06:53 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

一角の人になるには… 

 

馬鹿でええやないか…

 

もしこう思えるなら、その人は大成するね。

 

 

いろんな人を見てきたけど、

 

馬鹿でええ…

 

なんて言える奴は、ほんの一握りだったからね。

 

 

むろん、その一握りは、全員一角の人になってるよ。

 

 

嘘だと思うなら、君もなってみることだよ。

 

 

そうすれば、

 

本当だ!…

 

って分かるから。

 

 

=================================================

 

 

馬鹿になる…

 

覚悟がなければ、なれるものではありません。

 

 

言い換えれば、それほど難しいことなんです。

 

 

利口だからこそ、馬鹿になる…

 

これこそ、本当に大成する人ではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


お客さまが、お客さまに伝える 

 

記憶に残るサービスというのが一番だよ。

 

こんなサービスを受けると、誰だって周りの人に言いたくなるからね。

 

 

そうすれば、噂は広まる。

 

 

そうやって広がり始めたら、次から次にお客さまも来るようになるものさ。

 

 

お客さまが、ほかのお客さまに伝える情報、

 

これほど信頼できるものはない…

 

とお客さまは知ってるからね。

 

 

=================================================

 

 

口コミが、なぜ、これほど有効なのか…

 

を考えれば、

 

お客さまが、お客さまに伝える…

 

これがいかに重要かが分かります。

 

 

口コミされるようなサービスを提供する…

 

これが口コミされるための第一歩であり、絶対に必要なことではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/12/24 06:50 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

正しい判断をしたいなら 

 

自分の都合の良い情報だけを集めるとどうなるか…?

 

 

答えは、簡単。

 

これじゃ、正しい判断なんてできやしない。

 

 

こんなこと、みんな分かってる。

 

分かりきっている。

 

 

でも、できないんだ。

 

 

都合の悪い話しを聞くのは嫌だよ。

 

誰だって同じ。

 

 

だけど、正しい判断をしたいなら、甘んじて受け入れないと。

 

 

=================================================

 

 

耳の痛い話しを聞く…

 

これはとても嫌なことです。

 

 

ともすれば、都合の良いことばかりに耳が向くものです。

 

 

苦言を聞く…

 

難しいことだからこそ、重要なことといえるのではないのでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/12/23 06:03 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

商売人の器とは… 

 

教えてください…

 

僕はこの言葉を商売人としての大先輩から教えられた。

 

 

「教えてください」と言って頭を下げられる奴じゃないと、大成なんてしない。

 

だからこの言葉を肝に銘じるようにと教えられた。

 

 

頭が高い人も、たしかにいる。

 

 

でもね、商売人の器って、

 

教えてくださいと言って、頭を垂れる…

 

こういったところで決まるんじゃないかな。

 

 

=================================================

 

 

知らないことを知る…

 

これほど難しいことはありません。

 

 

誰に対しても、

 

頭を下げて教えを請う…

 

この姿勢が、大きな成功を呼び込むのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。