スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

どれだけ喜んでもらっているか… 

 

お客さまにどれだけ喜んでもらっているか…

 

これを測る尺度があるんだ。

 

 

それが、

 

売上げ…

 

なんだよ。

 

 

たくさんの人に喜んでもらえれば、それだけ売上げも上がる。

 

 

ようするに、成長発展のためには、

 

お客さまに喜んでもらう…

 

これが、大事だってことだよ。

 

 

=================================================

 

 

「売上げ」の重要性を説くと、すぐに「売上げ至上主義」のように思われることもあります。

 

 

しかし、本来の意味は、まさに、この、

 

お客さまに喜んでもらうこと…

 

これが「売上げ」というものなのではないでしょうか。

 

 

スポンサーサイト

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/08/31 06:04 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

楽しむことが大事 

 

楽しむ…

 

大事なことだね。

 

 

ただ実際には、苦しいことの方が多い。

 

これも現実。

 

 

でもね、これを楽しむことが大事なんだと思うよ。

 

 

「禅」に触れて、はじめてそれが分かってきたような気がするよ。

 

 

=================================================

 

 

苦しいのに楽しむ…

 

まるで謎かけです。

 

 

ただ、この謎かけこそが、

 

楽しく生きるための答えを導く鍵…

 

なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


まず、見た目を重視する 

 

視覚というのは、他の感覚より優位だと言われる。

 

 

だから、

 

見た目を重視する…

 

これが重要になってくるんだ。

 

 

自分でものを買うときだってそうだろ…。

 

まず、見た目を気にする。

 

 

お客さまだって、同じだよ。

 

見た目が悪ければ、いくら良いことを並べ立てても買ってくれないよ。

 

 

=================================================

 

 

視覚…

 

本来なら一番重視しなければならないことです。

 

 

たしかに、他にもお客さまを誘導する方法はたくさんあります。

 

ですが、視覚という基本的なことが、売るための第一歩になるのは間違いのない事実ではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/08/29 06:59 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

好奇心旺盛な人 

 

「すぐれた人」というを僕は、

 

好奇心旺盛な人…

 

だと思ってるんです。

 

 

何にたいしても「好奇心」がある人は、その分気付きも多いですからね。

 

 

一週間に一回しか、

 

「おや…!、あれは…!」

 

と思わない人より、毎日何回も思う人の方が、絶対に能力は高いですよ。

 

 

=================================================

 

 

たしかに、好奇心旺盛な人は、素晴らしい人が多いのは事実です。

 

 

何事にも、興味を持つ…

 

こんな姿勢から、新たな道が開かれるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/08/28 06:56 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

今、その一歩を踏み出すこと 

 

評価されたいなら、今、その一歩を踏み出すことだね。

 

 

どんなに小さな歩みでも、十年計画でコツコツやれば、きっとものになる。

 

そうすれば、十年後には必ず評価されるよ。

 

 

今日や明日すぐに評価されたいと思う人にこそ、このことを覚えておいて欲しいよね。

 

 

=================================================

 

 

評価というものは、過去の積み重ねです。

 

 

つまり、今の評価は、過去の評価なのです。

 

 

今、何をするか…

 

これが将来評価されるためには、絶対に必要なことなのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


共感してもらえる要素を見つける 

 

お客さまの気持ちを掴むには、

 

共感してもらえる要素…

 

を見つけることだと思います。

 

 

趣味が同じ…

学校が同じ…

 

などの共感できる要素があれば、話しが弾み笑顔になれます。

 

 

笑顔になれば心も開いてくれるので、グッとお客さまの気持ちを掴むことができるわけです。

 

 

=================================================

 

 

人というのは、仲間意識が強いものです。

 

 

なので、堅いガードの中に入っていくためには、共感できる要素を見つけることは、とても大切なことです。

 

 

仲間意識を持ってもらう…

 

これも売るために必要な技術の一つではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/08/26 06:23 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

成果が出るまで、一点に集中する 

 

すべての力を一つのことにぶつける…

 

この一点集中ってやつを、本気でやれば成果は出るよ。

 

 

やってるつもり…

 

こんなんじゃダメ。

 

 

成果が出るまで、本気で集中しないと…。

 

 

つまり、成果が出るまで、一点に集中してやれってことだね。

 

 

=================================================

 

 

涓滴岩を穿つ…

 

水のしたたりでさえ、岩をうがつことができます。

 

 

まして人なら、一点に本気で集中すれば、何事でも成果は出せるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/08/25 06:45 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

ゲームを理解することで優位に立つ 

 

ビジネスをゲームだとは言いたくない。

 

けど、こういった要素が多分にあるのも現実。

 

 

この現実に背を向けることは簡単だけど、これじゃ生き残っていけない。

 

これはもう、好き嫌いの問題じゃないからね。

 

 

ゲームを理解することで優位に立つには、しっかりと勉強するしかないよ。

 

負けるわけにはいかないのがビジネスなんだから…。

 

 

=================================================

 

 

ゲームというと遊びを連想してしまいます。

 

 

しかし、現実には、遊びとは言えない真剣勝負であっても、勝ち負けがあるのならゲームはゲームなんです。

 

 

ビジネスといえども勝ち負けがあるゲームである。

 

生き残るためには、こういった考え方も必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


「演出」は必要なもの 

 

売るための演出…

 

と聞くと、なんだかきな臭く感じる。

 

 

お客さまを騙すようなイメージさえある。

 

 

でもね、よく考えてほしいんだ。

 

百貨店だって、有名ブランドだって、レイアウトで演出してる。

 

 

つまり、演出は、

 

しなくてはならないもの…

 

なんだよ。

 

 

=================================================

 

 

演出…

 

たしかに、良いイメージはないかもしれません。

 

 

しかし、演出しないと売れないのも事実です。

 

 

いかにさりげなく演出するか…

 

これも演出のための技術の一つではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/08/23 06:11 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

突き進むなら「補給」を忘れないこと 

 

突き進む勇気は、とても大事だ。

 

 

千万人といえども我行かん…

 

この気概がないとものごとうまく行くわけがない。

 

 

ただ、突き進むなら「補給」を忘れないことだ。

 

 

補給しなけりゃ、途中で止まってしまうからね。

 

 

=================================================

 

 

突き進んでいるときは、後先考えてない場合がほとんどです。

 

 

突き進んでいても、冷静になる…

 

目標を達成するためには、この冷静さも必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/08/22 06:50 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。