スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

三つのキーワードをもとに考える 

 

付加価値をつけるってことを難しく考えすぎると、良い案がなかなか思いつかない。

 

これは、

 

「お客さまにとって…」

 

と難しく考えすぎるからなんだ。

 

 

なら、どうすれば良いのか?

 

 

それは、

 

お客さまは「なにで心を動かされるのか」

 

とシンプルに考えれば良いわけ。

 

 

例えば、

 

「簡単」 どれほど簡単なのか?

「便利」 どれほど便利なのか?

「即効」 どれほど早いのか?

 

この三つのキーワードをもとに考えれば良いんだ。

 

そうすると、意外と簡単にポンポンと思いつくから。

 

 

スポンサーサイト

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


情報によって判断を決める心理 

 

人は前もって偏った情報を与えられると、その情報によって判断を決めてしまうことがあります。

 

 

例えば、全員が

 

「あの映画は面白かった!」

 

と言っているという情報が与えられると、

 

「面白い映画なんだ…」

 

と思ってしまうのです。

 

 

こういった心理を突くのも、売るためのテクニックの一つです。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/02/28 06:10 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

家訓という珠玉の知恵 

 

何代も続く老舗には家訓というものがあります。

 

何百年と受け継がれたものです。

 

 

激動の時代を乗り越えた珠玉の知恵。

 

それ故に、この中に隠されているものを学ぶことは大切なんです。

 

 

商売の知恵は最先端ばかりが良いのではありません。

 

 

「故きを温ねて新しきを知る」

 

この真意を知り、故きに学ぶことも商売人の才覚です。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/02/27 06:44 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

一線を越えて叩かれる勇気が必要 

 

宣伝もやり過ぎればうさんくさく感じる。

 

 

なら、控え目な方が良いのかと言えば、これも違う。

 

どちらかと言えば、「やり過ぎ」ぐらいで丁度良いのだ。

 

 

ある一線を越えない方が、気分的には楽だ。

 

ただこれだと、頭一つ抜け出ることはできない。

 

 

抜け出したいなら、一線を越えて叩かれる勇気が必要だってことだよ。

 

 

 

■「リーダーの名言」「才覚の法則」「本音の技術」を随時募集しています。

 

あなたが見聞きした「リーダーの名言」「才覚の法則」「本音の技術」をぜひお寄せください。

 

※掲載の許可と、文章の推敲(加工)の許可のあるものに限ります。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


自分のことと重ね合わせられる説明が必要 

 

「他人事」だと思えば、いくら一生懸命説明してもお客さまは反応しません。

 

 

では、「自分事」となるとどうでしょうか?

 

実は意外と簡単に反応するのです。

 

 

「そうそう、そうなんだ!」

 

このように自分のことと重ね合わせられる説明が、お客さまに反応してもらうためには必要だということです。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/02/25 06:51 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

長居してもらえれば… 

 

商売は、お客さまの回転率が大切です。

 

しかし、回転率だけでは商売は成り立ちません。

 

 

ときには、お客さまに長居してもらう。

 

この一見無駄と思えることも必要なんです。

 

 

「長居してもらえれば、購入してもらえる確率は格段にアップする」

 

長い目で見た利益、これを創造するのも商才といえます。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/02/24 06:41 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

ここが商売の面白いところ… 

 

商品を売る相手がいれば、商売はなんとかやっていける。

 

 

だからと言って、

「商売は簡単だ!」

とはならない。

 

売る相手を集めることができなければ、商売にならないからだ。

 

 

ただ、売る相手を集め続けることさえできれば、商売は格段に簡単になるとも言える。

 

 

ここが商売の面白いところだよ。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


勉強した知識をどうするか 

 

本を読んだり、セミナーに行ったりして勉強することは、とても良いことです。

 

なので、大いにお薦めします。

 

 

ただ、「勉強した知識をどうするか」、これは重要なポイントになるので注意が必要です。

 

 

なぜなら

 

「知識のままで放置する」

「知識を理解し、検証し、知恵に変える」

 

この違いが、会社の「発展」か「衰退」の別れ目になるからです。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/02/22 17:20 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

一歩進んだ考え方をする 

 

「仕入れたものを売るんだから、多少の在庫が残っても当たり前」

 

これでは駄目なんです。

 

 

売る力のある人っていうのは、

 

「仕入れたものは全部売る、いや、それ以上に売る」

 

こうでなくては駄目なんです。

 

 

ようするに才覚のある人っていうのは、一歩進んだ考え方ができるってことです。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/02/21 18:17 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

復活のご要望が多かったこの3つ… 

 

毎日の更新ができなくなって多くのみなさんからメールをいただきました。

 

そんななかで、特に復活のご要望が多かった、

 

「本音の技術」

「才覚の法則」

「聞いて集めたリーダーの名言」(今後は名称を「リーダーの名言」に変更)

 

この3つについては、できる限り定期的にアップしたいと思います。

 

 

この3つは、

「私が今まで出会った人たちからいただいた言葉や気付き」

これを文字に起こしたものです。

 

 

読んだ多くの人から、

「元気をもらった…」

「反省の材料になった…」

などのうれしい言葉を多数いただいていた企画です。

 

 

そのため、早期に復活して欲しいとのご要望も多数あったので、できる限り定期的にアップすることにしました。

 

 

ブログ全体の本格的な復帰までには、今暫く時間をいただきたいのですが、この3つの企画については、今後ともお楽しみください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2012/02/20 19:56 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。