ニュースリリースを活用する 

 

新聞や雑誌には多くの記事が載っています。

 

その記事を調べてみると、その中にニュースリリースが情報元である記事も数多く見受けられます。

 

言い換えれば、

記事なるようにニュースリリースを活用する…

こういったPR戦略も効果的だということです。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/05/31 20:38 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

自分が何をすればいいのか… 

 

目標を達成できる人は、

 

自分がやること…

自分がしなければならないこと…

達成までの具体的な計画…

 

こいういったものをキチンと説明できる人だと思う。

 

目標はあっても、自分が何をすればいいのか分からないようでは、そこに行き着くことはできないからね。

 

聞いて集めたリーダーの名言 11/05/31

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/05/31 20:36 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)

杓子定規にならないのが商売 

 

曲学阿世(あせい)という言葉あります。

 

学問の真理を曲げて、世間や権力者におもねること…

という意味です。

 

なぜ、こんな言葉を持ち出したかと言いますと、先日、ある経営者の方が、

学問として商売できるなら、本当は良いのだが…

とため息混じりに言っていたからなんです。

 

たしかに、学問のように割り切れるものなら、それに越したことはありません。

 

しかし現実の商売は、こうはならないので、この方の気持ちも痛いほどよく分かります。

 

世間におもねる…

何も、この言葉のように媚びへつらうことはありませんが、お客さま商売である以上、融通も必要です。

 

杓子定規にならないのが商売…

ある本に書かれていた言葉ですが、まさにこの通りかもしれません。

 

商売がうまく行かないとき、時に、気持ちが落ち込むこともあると思います。

そんな時こそ、

 

良い意味での、いい加減さ…

良い意味での、開き直り…

 

気持ちを切り替えるためにも、こういった思考も大切にしてください。

 

そうすればきっと、チャンスも巡ってくるはずです。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/05/31 05:23 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)

お客さまの利益で考える 

 

競合はあった方が良いか、ない方が良いか…

 

これは、あった方が良いと言えます。

 

なぜなら、競合がないとサービスの低下を起こしかねないからです。

 

会社の利益で考えず、お客さまの利益で考える…

 

これを理解し実行できることが、将来伸びていく会社なんです。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/05/30 20:20 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

思いがけないところで役に立つ 

 

いろんな本を読んだ方が良いよ。

 

ただし、偏っちゃ駄目。

好き嫌いがあると良くないように、いろんな分野の本を読むようにしないと。

 

何の役に立つのか…

こんなことは考えないで、今はとにかく読んでみること。

 

いつかきっと、思いがけないところで役に立つから。

 

聞いて集めたリーダーの名言 11/05/30

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/05/30 20:19 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)

精神論だけは忘れないように 

 

経営問題の多くは、精神論で解決する…

 

コレだけ聞くと、

え、そんなことないだろ…

と思われることでしょう。

 

しかし現実には、多くの先賢が、この精神論を説かれています。

 

では現実には、どうなのか?

という疑問がでできます。

 

そこで、1,000件以上のデータを分析してみると、

技術より精神論が先…

という傾向が顕著に表れているのです。

 

それともう1つ、

精神論がなければ、技術が役に立たない…

という傾向も顕著だったのです。

 

ようするに、先賢の教えは、実に的を射ているということです。

 

さまざまなデータを瞬時に分析できる時代です。

そのため問題の解決に、マーケティングやマネジメントの技術に頼ることも必要です。

 

ただ、頼る前に、この精神論だけは忘れないようにしてください。

そうすれば、きっとどんな難問でも解決できるはずです。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/05/30 04:51 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)

人が集まっているように演出する 

 

人が集まるところには、共通点があります。

 

それは、

人が集まるところに、人は集まる…

という点です。

 

見方を変えれば、「お客さまの店内滞在時間を延ばし、店内にためる」などの、

集まっているように見せるための演出…

これも、人を集めるためには必要なんです。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/05/29 20:50 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

職人技とは努力の賜物 

 

上手になるには、練習しかないと思います。

一人前の職人技なんて、努力の賜物ですからね。

 

10年やっても小僧。

20年やっても半人前。

30年やってもまだまだ。

 

こういった感覚で練習しないと、一人前には成れません。

 

上手になるとは、それほど難しいってことです。

 

聞いて集めたリーダーの名言 11/05/29

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/05/29 20:48 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)

真実は意外なところにあるもの 

 

ごく普通のことを斜に構えて見てみる…

考えようによっては嫌味なものの見方です。

 

ただ、これによりさまざまなものが見えてくるのも事実です。

 

例えば、

あるお店の前を通ったら急にお腹がすいた…

こんなときコレで済ませるのではなく、ちょっと斜に構えて見るんです。

 

このお店には何か仕掛けがあるはず…

という見方をすれば、お腹がすいたように感じた理由が見えてきます。

 

看板かな…

においかな…

BGMかな…

外観かな…

 

何がそうさせたのかを探れば、それが商売のヒントにります。

 

コレはほんの一例ですが、探せば他にもいろいろあります。

 

例えば、毎日入っているチラシやDM、掛かってくる営業電話、訪れる営業マンなどなど、斜に構えてみれば、面白いようにさまざまなことが見えてきます。

 

真実は意外なところにあるものです。

 

あなたも、今まで見てなかった意外な真実をその目で見て、商売の貴重なヒントにしてください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/05/29 04:33 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)

市場やお客さまに関心を持つ 

 

商品を売りたいと、どうしても商品に目が行ってしまうものです。

 

ですが、本当に目を向けないといけないのは、市場であり、そこにいるお客さまなのです。

 

商品に強い思い入れを持つのは大切ですが、それ以上に、市場やお客さまに、強い関心を持つのが商売人です。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/05/28 22:32 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)