fc2ブログ








絞り込んだ人に 

 

広告とは、ありとあらゆる人に繰り返し働きかけること…

と言われます。

 

ただしこれはマス広告であって、大手企業がやることです。

 

小さな会社やお店なら、

「絞り込んだ人」に「言葉巧みに」繰り返し働きかけること…

これが反応してもらうために必要です。

 

 

スポンサーサイト




記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/03/22 20:36 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

本物になりたいなら 

 

本音を言い合える人が実に少ない。

これって嘆かわしいことだ。

 

人間関係も上っ面だけ…。

ああです、こうですと言うけど、ほんとは表面を取り繕ってるだけ。

 

その上、これが人脈だとかと言ってる。

 

本物になりたいなら、本音を言って付き合える人を作らないと。

 

聞いて集めたリーダーの名言 11/03/22

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/03/22 20:35 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)

入り口と出口を決めた会議をする 

 

ある会社では、

会議に実がない…

という問題点を改善しようとしていました。

 

何度か会議をリサーチさせていただいて分かったのは、

入り口と出口が違う…

ということです。

 

例えば、○月○日に山に行く企画会議をするとします。

この場合、この企画を練るのが入り口であり、この企画を実現可能なものにするのが出口です。

 

ところが、最初は「山に行くこと」を目的としているのに、途中から「海も良いな」になり、「川も捨てがたい」といように、話しが勝手に転がって、最後には、

もう一度機会を設けて会議しましょう…

となっていたのです。

 

これでは、実がないのも頷けます。

 

何のための会議なの?

と言われても仕方ない状況です。

 

入り口と出口を決め、それについての会議をしているのなら、

何か新しい企画を考えよう…

というような違う方向のことは議題にしないことです。

 

これを読んで、

そんなことあり得ないよ…

と多くの方は、言われるかもしれません。

 

しかし、こういったことが、「これが会議です!」と大手を振って行われているのも事実です。

 

こうならないためにも、あなたの会社やお店で、ぜひ、こういった事例を今後の会議にお役立てください。

 

 

 

■□■ いつも、ありがとうございます。 ■□■

 

お手伝いできることは、ございませんか?

 

ご相談、ご質問、ご依頼、などなど

もしよろしければ、お声がけください!

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/03/22 04:50 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)