fc2ブログ








量を疎かにしない 

 

品質のアップより、量のアップ…

売るということだけを考えれば、この方が効果的です。

 

品質が良くなければ売れない…

と言われますが、現実には量さえこなせば、品質は並でも売れるのです。

 

品質にこだわるあまり、量を疎かにしない…

ここがポイントです。

 

Twitter連動企画-本音の技術-01/31

 

 

スポンサーサイト




記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/01/31 19:58 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

自分が知ってること 

 

自分が知ってることなんて、たかがしれてる。

その知識をひけらかして、なんになるのか…。

 

本の中の賢人は、こう教えてくれる。

 

若い頃は、この教えの一端さえ分からなかった。

 

でも今になって、ほんの少しだけ分かるようになった。

ずいぶん時間が掛かったよ。

 

聞いて集めたリーダーの名言 11/01/31

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/01/31 19:56 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)

集中と休憩のサイクル 

 

意識を集中する…

言葉で書くのは簡単ですが、現実にするとなると、とても難しいことです。

 

これは、人は誰でも、長時間集中することが苦手だからです。

 

あるデータでは、集中力がある程度維持できているのは40~50分までで、それを過ぎると極端に集中力が落ちていくと言われています。

 

また他のデータでは、長く集中して休息を取るより、短時間の集中と休息の組み合わせの方が、集中力が維持できると言われています。

 

こういったことから、読書したり勉強するときは、1スパン30分程度(15分~45分を目安に自分に合った時間を決める)を1つの区切りにし、それが済むと一回休憩をはさむのが効率的には良いと言えます。

 

同じことをするのでも集中できてない状態では頭に入っていきません。

これではせっかくやったことも無駄になる可能性が大です。

 

こうならないためにも、効率的な集中と休憩のサイクルを活用して、最大限の成果を出せるように工夫してください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/01/31 04:58 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)