fc2ブログ








探究しようとする姿勢 

 

物事を探究する…

 

ほんの小さなことでも、探究すれば、そこに何か見えてくるものです。

 

ちょっとした使い勝手…

ちょっとした効率化…

 

こういったものを探究しようとする姿勢が、大きなアイデアを生み出し、大きな問題の改善に役立つのです。

 

Twitter連動企画-才覚の法則-01/18

 

 

スポンサーサイト




記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/01/18 20:25 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

七転び八起き… 

 

試すことなしに事が成ると思ったら大間違いだ。

何度も失敗し、地べたを這いつくばって、初めて活路が開ける。

 

七転び八起き…

必死で何度も立ち上がるからこそ、運が開ける。

 

本当に事を成したいなら、涙することもなく事を成そうなんて考えないことだ。

 

聞いて集めたリーダーの名言 11/01/18

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/01/18 20:22 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)

同じような方法論に収束する 

 

仕掛けは、同じような方法論に収束する…

このよう言われます。

 

これは、ある意味、本当だといえます。

なぜかと言いますと、人間の行動や感覚に、極端な差異はないからです。

 

例えば、簡単な事例で言うと、扉の取っ手の位置を考えて見てください。

 

扉を開けたり閉めたりする際の腕の持ち上げ方。

あなたならどれくらい腕を持ち上げるでしょうか。

 

これなんかも、ほとんどの人は、腕を水平以下の位置に保ち、扉の開け閉めします。

なので必然的に、取っ手の位置も決まってくるわけです。

 

このように人は、大きな括りでいうと案外同じような行動を行い、同じような感覚を共有しているのです。

 

言い換えれば、仕掛けが同じような方法論に収束したとしても、ある程度の効果はあるということです。

 

同じような方法ばかりでは効果が薄れる…

これも事実ですが、手を拱いているよりは遥かに有効です。

 

あなたの会社やお店でも、手を拱くより、可能性を模索する方向性を大切にしてください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2011/01/18 05:31 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)