fc2ブログ








アプローチ方法はお客さまに合わせる 

 

いろんな会社やお店を見て回り、いつも思うのは、

「お客さまへのアプローチが単一化している会社やお店が多い」

ということです。

 

例えば、

「集客は“DMだけ”とか“電話だけ”」

このように、お客さま全員に同じアプローチをかけているのです。

 

これでは、そのアプローチ方法が嫌いな人は集客できません。

 

こうならないためにも、それぞれのお客さまに合ったアプローチをすることが大切です。

 

「AさんにはDM」

「Bさんには電話」

こうやって、それぞれのお客さまの心を掴(つか)むようにしてみてください。

 

 

スポンサーサイト




記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


“事実”と“思い”を区別する 

 

問題解決を図るための思考で、重要なポイントは、

「“事実”と“思い”を区別して考える」

この部分です。

 

もし、これをごちゃごちゃにしていたら、思いだけが先行する結果になりかねません。

こうなると、問題を更にややこしくするのが落ちです。

 

みさんも、問題解決を図るときは、

「“事実”と“思い”を区別して考える」

このポイントを間違えないようにしてください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2010/03/26 06:07 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)