fc2ブログ








条件が変われば、戦略も変化させる 

 

どんな商売でも

「売り手側がお客さまを選ぶ…」

こういったことはしない方が良いといえます。

 

なぜなら、商売とはある意味、謙(へりくだ)ったものであるといえるからです。

 

ですが、視点を変えますと

「売り手側の価値を高めるためには、お客さまを選ぶ…」

というのも、1つの戦略になります。

 

このように商売とは、一方向だけが戦略的に必ず正しいわけではありません。

“売るもの”“売る方法”“売る場所”など、その条件が変われば、戦略も変化させる必要があります。

 

みなさんも視点を偏らせることなく、あらゆる角度から自社や自店の商売を、見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーサイト




記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2010/02/27 19:07 ] 企業と起業 | TB(0) | CM(0)

スケジュール帳の使い分けは必要か… 

 

「スケジュール帳を2冊に分ける…」

たしかに、これも便利です。

 

“ビジネス”と“プライベート”

このように分けておけば、スッキリします。

 

ただ、2冊に分けると、ダブルブッキングのチェックが必要なので、これも一仕事だといえます。

 

チェックができる人は、2冊に

できない人は、1冊に

こんな使い方が良いのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2010/02/27 16:57 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)