fc2ブログ








「驕(おご)り」という名の病気 

 

ビジネスがうまくいくと、トップは気付かぬうちに

「驕(おご)り」

という病気にかかってしまうものです。

 

この病気にかかると、華やかな表舞台にばかりに目がいき、必死さや泥臭さを忘れてしまうのです。

 

風邪もひき始めに治療すれば悪化することがないように、この「驕(おご)り」も早期に手を打てば問題ないのですが、その時期を逸すると、坂道を転がり落ちるように一気に最悪の状態へと突き進むことになります。

 

「私は大丈夫…」

こう言っていた経営者が、数年後、その会社やお店を破綻(はたん)させている現実 ―― 私はこういう現実を何度となく目の当たりにしてきました。

 

ビジネスが順調なのは、とても良いことです。

ただ、順調なときにこそ、

「初心忘るべからず…」

この言葉を、決して忘れないようにしてください。

 

 

スポンサーサイト




記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2010/02/07 21:34 ] 企業と起業 | TB(0) | CM(1)

何かを変えようとするときは… 

 

何かを変えようとするとき、

「一度に、アレもコレも考えられることは何でもやる」

これが大切です。

 

でも、アレもコレもやろうとしたら、

「結局何も手につかない…」

なんてこともあります。

 

そんな時でも、焦らず、慌てず ―― けっして諦めることなく、チャレンジすることが大切です。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2010/02/07 21:24 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)