スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

形から入っても良いから、上を目指す 

 

「金もないのに上辺を取り繕ってどうするのか…」

たしかに、これは真実です。

 

ですが、上辺を取り繕えない人に成功できない人が多いのも事実です。

 

「上に昇るために、何でもする」

という気持ちの現れが、形から入ることになるなら、それで良いのではないでしょうか。

 

 

スポンサーサイト

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/10/31 20:42 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)

対策を打てば、必ず活気が溢れます 

 

地方都市の商店街は、どこに行ってもほぼガラガラです。

 

なぜ、ガラガラなのか…

商店街をあげて、必死で考えているのは分かります。

 

でも、いつまで考えてもこの現状は変わりません。

活気を取り戻すためには、たとえ失敗しても、対策を打ち続けることです。

 

考えるだけでは、ダメなんです。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/10/31 20:40 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)

教えていただいた、“商売で勝ち続ける秘訣(ひけつ)” 

 

先日、ある経営者の方とお話したとき、この方が“商売で勝ち続ける秘訣(ひけつ)”について

「勝つために戦うのではなく、戦い続けるから勝てる」

と仰(おっしゃ)っていました。

 

ホントにその通りだと思います。

 

勝とうとすれば“勝ったり、負けたり”が我慢できなくなって、「何のために戦うのか」が分からなくなり、迷いが生じるものです。

 

ですが、戦うことに意義を見つけるなら、「勝ったり、負けたり」でも、戦いを楽しめるのですから、迷いが生じることはありません。

迷いがなくなれば、全身全霊で戦いに集中できるので、“勝ち”も自(おの)ずと手に入ります。

 

みなさんも“勝とう”と気負うことなく、“戦うこと”を楽しんで、「勝ち続ける経営」を目指してください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/10/31 19:54 ] 成功請負 | TB(0) | CM(0)

生誕40周年、そして未来への願い 

 

インターネットが生誕40周年を迎えました。

 

もう、40年なのか

それとも、まだ40年なのか…

 

どちらにしても、インターネットの進化は凄まじい勢いです。

 

インターネットがもたらしてくれた恩恵に感謝すると共に、今後も更に有効利用、有効活用が進み、全員がその恩恵を受けられることを願いたいと思います。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/10/31 19:52 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)

答えよりも、まず、一歩を 

 

一歩を踏み出す。

 

正しいのか…

それとも間違っているのか…

 

答えなんて分からない。

 

ただ一つ言えるのは ―― 「何か得ることがある」 ―― これで良いのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/10/30 19:05 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)

鏡に映った自分の「目」を確認する 

 

上手く行き始めると、人は誰でも「慢心」するときがあるものです。

 

「慢心」している人は、その人の「顔」 ―― 特に「目」を見れば分かります。

「目」が澄んでない。

 

今一度、鏡に映った自分の「目」

清く澄んでいるかどうか、確認してみてください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/10/30 18:58 ] 瞬間 | TB(0) | CM(0)

「継続は力なり」…一日一日を大切に 

 

月日の経(た)つのは早いものです。

 

このブログも始めて、はや2年。

一日も欠かさず書き続けてきましたが、いったいどれほどの事が伝えられたのか?

 

まだまだ、自分の思いのほんの少ししか伝えられてないのかもしれません。

 

ですが、多くの人にアドバイスする中で、自分自身も成長できたことは事実です。

 

「継続は力なり」

古(いにしえ)からのこの格言の真意 ―― 今一度、心にとどめ、一日一日を大切にしたいと思います。

 

みなさんも ―― 「継続は力なり」 ―― この言葉を忘れないようにしてください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/10/30 18:53 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(0)

どんな時も、諦(あきら)めずに前に進み続ける 

 

諦(あきら)めないことは、どんな時でも大切です。

 

  • 商売が上手(うま)く行かない…
  • 資金繰りが思うようにならない…
  • 不景気で商品が売れない…

 

経営者の方から、このような相談を受けるたびに、

「諦(あきら)めずに、やれることは全部やってみましょう」

と言っています。

 

八方塞(ふさ)がりに思えても、やれることを全部やれば、何とか解決の糸口は見えるものです。

 

“諦(あきら)めないこと”

 

たとえ、眠れない夜が続いたとしても、諦(あきら)めずに前に進み続けてください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/10/29 19:16 ] | TB(0) | CM(0)

価格破壊するなら、イメージを裏切ること 

 

最近、いろいろな商品の低価格化路線が続いています。

中には、

「え、こんな値段で買えるの…」

という商品も存在します。

 

こういった価格破壊をするとき大切なのが、お客さまのイメージを良い意味で裏切ることです。

 

一般的に価格破壊された商品の品質は、お客さまの先入観で「安かろう、悪かろう」というイメージが定着しています。

ですので、こういったイメージを裏切るような、良い品質の商品を提供すれば、お客さまは、その商品や販売している会社やお店の評価を、一気に最高ランクにまで引き上げてくれます。

 

その上、この評価が、口コミなどに大きな影響を与え、広告効果をも、もたらしてくれるのです。

 

ですので、価格破壊するときは、こういった「お客さまのイメージを良い意味で裏切る」戦術を活用して、お客さまの囲い込みを図ってください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


100回失敗すれば何とかなる 

 

先日、ある経営者の方とお話したとき、この方の座右の銘を聞かせていただきました。

心に残ったので、メモに書き残させていただきました。

 

その座右の銘とは、

「100回失敗すれば何とかなる」

という、ご自分の経験を元に考えられた言葉です。

 

何度も失敗して、それでも立ち上がってリベンジを果たしてきた、たたき上げの経営者だからこそ言える、重みのある言葉です。

 

この方の言葉のように、100回失敗してもやり遂げるという思いは、商売を成功させるためには、必ず必要な心構えです。

 

みなさんも、この言葉のように、「きっと何とかなる」と信じ、失敗を恐れずチャレンジを続けてください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/10/27 19:27 ] | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。