スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アイデアを留めておく方法 

 

「アイデアを留(とど)めておく良い方法はないか」

というお問い合わせが数通きていた。

 

これは、メモすることが一番だと思う。

 

記憶に頼っていては、一瞬に水泡のように消えてなくなる。

せっかく良いアイデアでも、消えてなくったら、思い出そうとしても思い出せない。

これでは、使えない。

 

アイデアの片鱗(へんりん)でも浮かんだら、とりあえずメモすることだ。

メモしておいて、ノートにでも貼(は)り付けておく。

こうしておけば、忘れることはない。

 

発想が豊かで実行力がある人ほどメモ魔が多いので、みなさんもメモ魔になって、素晴らしいアイデアを実現させてほしい。

 

 

スポンサーサイト

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


どうして、問題解決ができるのか 

 

問題を抱えている会社やお店の経営者のみなさんから、お問い合わせがあることの中に、

「どうすれば、コンサルタントのように問題解決できるのか?」

と、いうものがある。

 

答えは、簡単だ。

「事実を事実として見る」

たったこれだけだ。

 

会社やお店の経営者のみなさんは、自社、自店のことについて、色眼鏡を掛けてひいき目に見てしまう。

これでは、問題の原因が見えてこないから、解決もできない。

 

だけど、コンサルタントは冷静に、そして、客観的に、「事実を事実として見る」から、原因を特定することができ、解決に繋(つな)がるのだ。

 

コンサルタントも、同じ人間。

特殊な技術がある訳でもなければ、特殊なことをしている訳でもない。

 

問題解決したいなら、

冷静に、そして、客観的に、「事実を事実として見る」

このことを覚えておいて、問題解決に役立ててほしい。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/03/31 15:26 ] 解決サポート | TB(0) | CM(0)

先着順です…プラスアルファ、これが効く 

 

“先着順です…”

どこでも見かける、古典的な煽動(せんどう)の手法だ。

※煽動(せんどう)とは人を煽(あお)って行動を起こさせるように仕向けること

 

「何処(どこ)でも使われているから、効果がないのでは?」

そうではない。

効果があるからこそ、何処(どこ)でも使われているのだ。

 

ただし、“先着順です…”これだけでは効果が薄い。

そこでプラスアルファすると、より効果的になる。

 

例えば、

 

2日間(土、日)限りの売り尽くし、先着100名様に粗品進呈

さらに!、土曜日に起こしのかたには、15パーセントオフ

 

こうすれば、効果的になる。

 

この中に入っているのは、

  1. 先着100名様…先着順効果
  2. 2日間限定…限定効果
  3. 土曜日は15パーセントオフ…プレミアム効果

このように、複数のプラスアルファを付ければ、効果は3倍にも5倍にもなる。

 

あなたの会社やお店でも、こういう手法を使って、売り上げアップを図ってみてはいかがだろうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/03/31 10:46 ] 今日の仕掛け | TB(0) | CM(0)

あえて、古典的手法を使ってほしい 

 

古典的手法というと、

「なんだ、そんな古くさい手法…」

と、思われがちだ。

 

たしかに、古典的手法は古くから行われていて、斬新(ざんしん)さや目新しさは全くない。

 

しかし、古典的だからと言って、効果が薄い訳ではない。

古典的手法は手間暇掛かるから、行われていないだけなのだ。

 

ポスティングするより、DMの方が簡単だ。

だから、ポスティングしない。

たった、これだけの理由だ。

 

こんな不景気なときだからそこ、もう一度初心に立ち返り、古典的手法から初めてみてはいかがだろうか。

そして、初心を思い出して、情熱を持って商売に励んでほしい。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/03/30 20:15 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

“こんなこと”と思ったらやってみる 

 

会社やお店に販促力アップのアドバイスをするとき、

 

  • “こんなこと”やっても無駄だろう
  • “こんなこと”何のためになるの

 

というようなことは、とりあえずやってみてほしいと言っている。

 

なぜなら、“こんなこと”と思っているのは、その会社やお店の従業員だけであって、お客さまではないからだ。

 

“こんなこと”と思っている中には、お客さまが食いつくものも多数ある。

 

やってみなければ分からない。

これが真実だ。

 

だから、みなさんの会社やお店でも“こんなこと”と思えるものがあれば、今すぐ試してみてほしい。

たとえ失敗しても、何かのヒントは得られるはずだ。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/03/30 18:20 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

お薦めの一冊は、やはり… 

 

いろいろな会社やお店の経営者のみなさんから、お薦めの一冊を聞かれる。

 

聞かれるたびに、同じ一冊をお薦めしている。

もう何年も、同じ答えしかできていない。

 

その一冊とは、

松下幸之助翁の「道をひらく」

 

多分、経営者のみなさんなら、一度は目にしたことがあると思う一冊だ。

 

この本は、まさに、経営の、そして人生の羅針盤だといえる。

 

  • 何処(どこ)に進めばいいのか。
  • どう考えればいいのか

 

全(すべ)てが、この一冊に詰め込まれている。

 

まだ、目を通したことがない人は、是非、一度目を通してほしい。

きっと、「大切な何か」を発見できるはずだ。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/03/30 15:45 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

春…春眠暁を覚えず…こんな時こそ 

 

“春眠暁を覚えず”とは、よく言ったもので、春はどうしてもウトウトと春眠を楽しんでしまう。

 

たまの休み、春眠はたしかに楽しい。

だけど、たまには、遠出してみるのも面白い。

 

高速道路料金が上限1,000円という割り引きが、昨日から始まったので、是非、使ってみてはいかがだろうか。

 

車を走らせ、春風に当たれば、きっと、明日からの元気をもらえるはずだ。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/03/29 17:02 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(0)

あなたも行動すれば必ず成果はだせる 

 

基本的にどんな会社やお店でも、経営者のかたがやる気になれば、成果はでると思っている。

 

メールでの無料コンサルティングでも、成果の上がった会社やお店が多数ある。

この経営者のみなさんは、今まで経営者として、行動できてなかったことを反省し、実際に行動に移しただけだ。

 

だから、成果がでたのは、経営者のみなさん自身の努力の賜物(たまもの)だと、私は思っている。

 

経営者のみなさんは、自分たちが行動する切っ掛けさえあれば、誰(だれ)でも成果はだせる。

それが、誰(だれ)かのアドバイスであれ、一通のメールであれ、何でも良いのだ。

 

あなたも、何か切っ掛けさえあれば、行動に移すことができ、必ず成果がだせるはずだ。

 

このブログや、メールでの無料コンサルティングが、その切っ掛けになれば幸いだ。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/03/29 11:34 ] | TB(0) | CM(0)

メールアドレスをご確認ください 

 

メールでの無料コンサルティングに、お問い合わせのみなさまにお願いです。

 

メールアドレスをお間違いにならないように、お願いします。

 

せっかくお問い合わせいただいたのに、メールアドレスをお間違いのため、返信できないケースが多数発生しております。

 

無料コンサルティングの場合、通常、24時間~48時間以内に返信しております。

ですから、もし、返信が72時間以上経過しても届かない場合は、メールアドレスをお間違いになっており、送信エラーになっているケースが考えられます。

 

72時間以上経過しても返信が届かない場合は、ご自身のメールアドレスをご確認の上、お手数ですが、再度、お問い合わせください。

 

何卒(なにとぞ)、よろしくお願いいたします。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/03/28 22:20 ] | TB(0) | CM(0)

単価アップするための見せ方 

 

「会社やお店の商品の販売単価をアップさせたい!」

こんなとき、簡単に使える仕掛けが幾つかある。

 

その中の一つが、次に紹介する仕掛けだ。

 

  • 10,000円までの購入なら5パーセント割り引き
  • 50,000円~100,000円までの購入なら15パーセント割り引き
  • 100,000円~150,000円までの購入なら25パーセント割り引き

 

こうすれば、お客さまは割引率の良い方に目が向く。

 

お客さまとしては、購入金額が多くなっても、割引率が高い方が良いのだ。

したがって、お客さまの購入単価が上がる。

 

これはお客さまの心理を巧みに突いた仕掛けだとも言える。

「割引率が大きくなれば、お客さまが反応する」という心理を突いて、購入金額をアップさせているのだ。

 

ただ、この仕掛けを使用する際は、利益率の確保ができるようにしておくことが大切だ。

そうしないと、ただ割引率を高くするだけだと、適正な利益が確保できなくなるので十分に注意してほしい。

 

使い方さえ誤らなければ、簡単にできる仕掛けなので、あなたの会社やお店でも、使ってみてはいかがだろうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/03/28 17:19 ] 今日の仕掛け | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。