スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

転んだら立ち上がるだけ 

 

経営者というのは、つまずきの連続だ。

 

私など年がら年中つまずいている。

その割には、根が楽天家なのか、へこたれないのだが…。

 

しかし、よく考えてみると、つまずかなければ行き着く目的には、なかなか近付かない。

つまずいて、転んで、立ち上がって、また前進する。

そうすることで、目標が近づいてくる。

 

世界的不景気の中、今は厳しい状況に置かれている経営者の方も多い。

厳しいけれど、何度転んでも立ち上がってほしい。

 

私も、みなさんに負けないよう、つまずいても転んでも、何度でも起き上がる。

そうすれば、きっと未来は開けるのだから…。

 

 

スポンサーサイト

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/02/28 18:22 ] | TB(0) | CM(0)

広告として考えてみる 

 

ウエブサイトを制作する上で考えてほしいのが、広告としてのウエブサイトという視点だ。

 

雑誌、新聞、チラシやDMのように、限られた枠でなく、無限に広告枠を広げることができるのがウエブサイトだ。

こういう視点で捉(とら)えると、会社やお店にとってのウエブサイトは、もっと面白くなる。

 

広告としてウエブサイトを有効に使えば、今まで難しいとされていたブランディングも、難なくできるようになるはずだ。

 

もちろん、広告としてだけではなく、お客さまとのコミュニケーションスペースとしても利用できる。

 

まだ、ウエブサイトを利用してない、会社やお店のかたは、是非、新しいメディアの一つとして有効利用してみてほしい。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/02/27 10:55 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

保管と保存を使い分け 

 

会社の中の各種書類を整理すると、業務効率が10%~20%程度あがる。

いろいろなケースで試してみたが、ほぼ数字は同じだ。

一般的な事務所でこの程度なので、整理が行き届いてないケースの場合は30%以上のアップも考えられる。

 

そこで、業務効率を上げるための、簡単な整理方法を一つ紹介してみたい。

それは、「保管」と「保存」を使い分けることだ。

「保管」はいつも使うもの。

「保存」はたまにしか使わないもの。

という基準で分けること。

 

「保管」はクリアファイルなどで、机の引き出しやキャビネットに、ファイルボックスを使って「保管」する。

「保存」するときは、ファイルボックスのままキャビネットなどに「保存」する。

 

たったこれだけの整理だけでも、書類がスッキリとする。

使わないものと、使うものを、ごちゃごちゃにならないようにするだけの簡単な方法なので、ちょっとした時間の合間にでも試してみてほしい。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/02/26 20:54 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

テクニックの基本はどんな業種でも同じ 

 

売り上げをアップするため、集客するための基本テクニックは、ほとんどの業種で使える。

「売り上げをアップする」、「集客する」など目的がハッキリしているなら、どんどん使った方が良い。

 

「うちの会社は、売り上げをアップさせない努力をしている」

なんて会社やお店はないはずだ。

 

だから、ほとんどの業種で使えるはずだ。

特に、マーケティングと縁遠かった業種は、積極的に取り入れてみてはいかがだろうか。

 

宣伝は、「タウンページだけ」、「街頭の看板だけ」

こういう業種は、テクニックを駆使すれば、効果抜群だ。

 

あなたのお店や会社の、集客や、売り上げアップが思うようにならないなら、参考にしてみてほしい。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/02/25 18:57 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

データのイメージ操作で売り上げアップ 

 

広告とか、チラシ、DMなどでは、ちょっとした文章の書き方で、売り上げが大きく変わってくる。

そのようなテクニックの一つに、「フレーミング」と手法がある。

 

例えば、アンケート調査で

商品を購入したお客さまのうち

80%は満足、残り20%は満足できない

という結果が出た場合、以下の文章が考えられる。

 

「商品を購入したお客さまのうち、80%のお客さまが満足と回答」

「商品を購入したお客さまのうち、20%のお客さまが満足できないと回答」

 

どちらも、事実をキチンと伝えている。

では、どちらの書き方が、商品に対してプラスイメージが持てるだろうか?

もちろん、前者のはずだ。

 

このように、イメージの操作だけで商品を売ることも可能なので、あなたの販売テクニックの中に加えてみてはいかがだろうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/02/24 22:24 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

同じ人間だから大丈夫 

 

いろいろな経営者の方と話す機会を持つと、様々な、ためになる話が聞ける。

 

先日も、ある経営者の方とお話したとき

「売り上げが1万円の会社の経営者であろうと、1000億の会社の経営者であろうと、同じ人間なんだから、ガンガンぶつかっていけばいい。」

と、言っていた。

 

正に、真実だ。

 

例えば、

面と向かって話すとき、1000億の会社の経営者と話すとなると戸惑うものだ。

 

だが、よくよく考えてみると、同じ人間だ。

鬼や魔物でもなければ、神や仏でもない。

 

だから、何も、戸惑う必要などないのだ。

 

ちょっとした、人生のヒントではあるが、あなたも役立ててほしい。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/02/23 22:16 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

チャレンジするから道が開ける 

 

「あれもしたい」「これもしたい」

経営者の中には、ポジティブに何にでも臆(おく)することなく、挑戦するかたがおられる。

こういう経営者は、この不況下でも、グイグイと業績を上げている。

 

ある経営者の方などは、出版したいからと言って

100社程度に企画書を送付して、数件の応諾を貰(もら)ったこともある。

 

普通なら、諦(あきら)めることでも、臆(おく)さないのだ。

10社、20社に断られようが、50社、100社に声掛けする。

 

ようは、業績を上げているかたは、チャレンジするから道が開けるのだ。

 

できないと諦(あきら)めてしまえばそれで終わりだが、諦(あきら)めなければ何でもできる。

 

「あれもやってやろう」「これもやってやろう」

これくらい、ポジティブになれれば、きっと道は開ける。

 

あなたも、いろんなことにチャレンジしてみてはいかがだろうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/02/22 13:06 ] 企業と起業 | TB(0) | CM(1)

成果が上がる手法とは 

 

様々なコンサルタントが、コンサル・フィー(コンサルティング料金)を取っているマーケティング手法は、全(すべ)て過去からあるものだ。

 

もちろん私が行っている、マーケティング手法も同じだ。

 

成果の上がる手法というのは、何も目新しことをやっている訳ではない。

 

コンサルタントの仕事は、使い込まれたマーケティング手法を、各社がもっとも利益が上がるようにトライアンドエラーを繰り返すことを教えているだけだ。

 

例えば

広告を打ってない、広告を打っても効果がない場合であれば、ROI(投下資本利益率)の良い広告を試行錯誤すれば効果はある。

 

だれでも、こんなことは知っている。

しかし、収益が上がっていない会社はやってない。

やってないから、やるように教える。

 

要は、コンサルタントは、行動すれば成果が上がることを教えているにすぎないのだ。

 

だから、あなたも、あなたが知ってる限りのマーケティング手法を全部試せば、きっと成果が出るので、是非試してみてほしい。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/02/21 17:34 ] | TB(0) | CM(0)

「負けない心」というもの 

 

「負けない心」というのは大切だ。

 

忙しい日常を過ごしていると、どこかで

「今日はこのぐらいにして、明日にするか…」

と、先延ばしにしてしまう。

明日があるからと自分に言い訳しているのだ。

 

たしかに、明日はある。

きっと、明日はくる。

しかし、明日があるからで本当に良いのだろうか?

 

毎日を120%ポジティブでいるためには、今日を精一杯生けなければならない。

どんなときも、「今日しかない」と強い気持ちで、ぶつからねばならない。

 

キツイかもしれない。

苦しいかもしれない。

だけど、そんな時こそ「負けない心」を大切にしたいものだ。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/02/20 20:02 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

15分あれば… 

 

先日、ある経営者の方から

「15分あれば、結構何でもできる」

と、いう話を聞いた。

 

確かに、その通りだと思う。

 

例えば、

ちょっとした文章(ブログのネタ書き)

ちょっとした調べ物

ちょっとした読書

ちょっとしたメール

ちょっとした…

数えればキリがないほど、できることがある。

 

自己啓発も兼ねて、改めて、時間を有効に使う訓練をしなければと痛感している。

みなさんも、15分を大切にしてみては、いかがだろうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/02/19 19:21 ] 自己啓発 | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。