スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

聖賢 トム・モナハンの言葉 

 

トム・モナハン

 

「どうしようもない劣悪な環境?最大で最悪の不運?なるほど、そいつは実に素晴らしい。それこそ君が成功するために与えられた最高の贈り物だ。」

 

 

ドミノ・ピザ創業者、トム・モナハンの言葉。

みなさんも、一度は耳にしたことがあると思う。

 

ポジティブに徹すれば、

「どうしようもない劣悪な環境」も

「最大で最悪の不運」も

全(すべ)ては、最高の贈り物になる。

 

自分の人生は、自分のものである。

ネガティブに生きるのも、ポジティブに生きるのも、自分の自由だ。

ならば、この言葉のように、ポジティブに生きた方が良いのではないだろうか。

 

「どうしようもない劣悪な環境?最大で最悪の不運?なるほど、そいつは実に素晴らしい。それこそ君が成功するために与えられた最高の贈り物だ。」

 

こう思えるまで、ポジティブに生きてほしい。

そうすれば、きっとあなたもチャンスを手に入れられるはずだ。

 

 

スポンサーサイト

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2009/03/20 15:48 ] 聖賢の知恵 | TB(0) | CM(0)

聖賢 ダーウィンの言葉 

 

ダーウィン
「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である。」

 

この言葉は、生物学上の幾つもの重要な功績を残した、皆さんもご存じのダーウィンの言葉だ。

だから生物学上の例えとしても度々使われる。

だが、人生訓としてもとても素晴らしい言葉だと言える。

 

人は誰しも、

人生であれ、商売であれ、

最も強いもの、最も賢いものが生き残ると思いがちだ。

しかし、よくよく考えてみると、決してそうではない。

 

人生であれ、商売であれ、

最も強いもの、最も賢いものが生き残るのではなく、

「変化できるものが、生き残る」のだ。

 

たとえ強くても、たとえ賢くても、

変化できないものは、いつかは消えてなくなる。

 

皆さんも知っているFortune (フォーチュン)誌が発表する企業ランキング。

このランキングに掲載されている超優良企業でさえ、「変化」ができなければ、跡形もなく消えてなくなる。

これが現実なのだ。

 

言い換えれば、変化することができれば、「誰にでもチャンスはある」と言える。

 

あなたも、チェンジ(変化)すれば、チャンスは訪れるのだ。

商売の環境は、辛く厳しい冬の時代と言われて久しいが、チェンジすれば必ず好転するはずだ。

 

この言葉を信じて、あなたもチェンジ(変化)してほしい。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2008/12/16 18:09 ] 聖賢の知恵 | TB(0) | CM(0)

聖賢 平櫛田中の言葉 

 

平櫛田中
「六十、七十は、はなたれ小僧。男ざかりは、百から百から。」

 

前回に引き続き、今回も私の大好きな平櫛田中氏の言葉だ。

この言葉も非常に有名で、誰でも一度は聞いたことがあるのではないだろうか。

 

「六十、七十は、はなたれ小僧。男ざかりは、百から百から。」

百歳を超えてなお、20年分とも、30年分とも言われる資材を購入したと言われる平櫛田中氏。

100歳を迎えた時に

「大丈夫、あと百年分の彫刻用の木材は確保してある。」

と言ったといわれるほど、凄(すさ)まじい情熱をもった聖賢だ。

 

皆、言葉では、簡単に

「六十、七十は、はなたれ小僧。」などと言う。

だが、60歳、70歳になって、実際にそれほどの気力を持つことは至難の業だ。

まして、100歳を迎えて何かに打ち込むなど、神業としか言えない。

 

普通の人がここまでなるには、相当の努力と精進が必要だ。

だが、今すぐ、平櫛田中氏のようになれなくとも、一歩でも近づけるように努力はできるはずだ。

 

人生の中で、

「もう歳だから」とか

「今更、もう遅い」などと、

年齢のせいにすることが誰にでもある。

そんな時は、この言葉を思い出してほしい。

 

「六十、七十は、はなたれ小僧。男ざかりは、百から百から。」

何を始めるのにも、遅いことはない。

死ぬまで現役。

幾らでも、チャレンジできる。

 

「六十、七十は、はなたれ小僧。男ざかりは、百から百から。」

この言葉のように、情熱を燃やして何かに打ち込めば、できないことなどないはずだ。

人生は長い。

途中での挫折(ざせつ)など、取るに足らないことだ。

今日からでも遅くない、情熱を持って、チャレンジしてほしい。

きっと、幸運の女神は、あなたを待っているはずだ。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2008/12/06 19:41 ] 聖賢の知恵 | TB(0) | CM(1)

聖賢 平櫛田中の言葉 

 

平櫛田中
「今やらねばいつ出来る。わしがやらねば誰がやる。」

 

私の大好きな言葉だ。

私と同じように、この言葉を座右の銘にされている方は、数多くいるはずだ。

 

「今やらねばいつ出来る。わしがやらねば誰がやる。」

 

何の説明もいらない、シンプルさ。

だけど、心にグサッとくる、重みのある言葉。

生まれてきたからには、何かをやらねばという思い。

人それぞれに、感じ方は違うと思うが、これほど心を動かされる言葉は数少ないのではないだろうか。

 

やることなすこと、全て上手くいかない。

やってもやっても、成果が出ない。

誰にでも、こんな時がある。

 

そんな時は、この言葉をただひたすら、自分自身に言い聞かせてほしい。

「今やらねばいつ出来る。わしがやらねば誰がやる。」

何度も、何度も…

一歩が踏み出せるまで、ただひたすらに…

 

聖賢と呼ばれる人も、最初のスタートラインは私たちと同じだ。

ただ、聖賢と呼ばれる人と私たちの違いは、ゴールしたか、しないかだ。

 

最後まで踏ん張ったのか、途中で諦(あきら)めたのかの違いなのだ。

もがき苦しみながらも、投げ出すことなくゴールしたものが聖賢と呼ばれる。

「今やらねば」

「わしがやらねば」

の思いだけで、突き進んだからこそ、ゴールできる。

 

「今やらねばいつ出来る。わしがやらねば誰がやる。」

 

この気持ちさえあれば、あなたにもきっとチャンスの扉は開かれるはずだ。

 

絶対に負けないでほしい。

あなたは、きっと最後に笑うことができる人なのだから…

だから、たった一歩を今すぐ踏み出してほしい。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2008/11/26 18:38 ] 聖賢の知恵 | TB(0) | CM(0)

聖賢 アルフレッド・スローンの言葉 

 

アルフレッド・スローン
「失敗を気にしていては革新はできない。打率三割といえば強打者と呼ばれるがそれはつまるところ十回のうちに七回までが失敗だったということである」

 

誰もが一度は聞いたことがあるはずの、世界的に有名な名言だ。

 

「失敗を気にしていては革新はできない。」

正に、その通りである。

 

失敗をせずに壁を乗り越えようとか、

失敗をせずに崖をよじ登ろうとするから、

自身の不甲斐なさを責め途中で投げ出してしまうのだ。

 

「打率三割といえば強打者と呼ばれるがそれはつまるところ十回のうちに七回までが失敗だったということ」

この事実を知ることが大切だ。

 

「誰だって、十回やれば七回ぐらいは失敗するものだから、自分はまだまだ頑張れる」

とポジティブにチャレンジする者に成功は訪れる。

 

「失敗なんか恐れるに足らず」だ。

 

バットも振らなければボールに当たらない。

商売の強打者、人生の強打者になるためには、

七回失敗しようと、八度目を信じチャレンジすることだ。

打席に立ち、バットを振ることが大切だ。

 

打席に立つことも、バットを振ることもなく、言い訳ばかりの人生は、今日で終わりにしてほしい。

 

十回のうち七回までゆるされるというのんきな考え方でも良い。

本来なら話にならないが、バットを振らないよりは、この考え方の方がよっぽどましだ。

 

言い訳しながらでもいいし

地団駄踏みながらでもいいし、

涙を流しながらでもいい

立ち向かってほしい。

 

そうすれば、そのうち、失敗を恐れず、堂々とチャレンジできるようになるはずだ。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2008/11/16 17:15 ] 聖賢の知恵 | TB(0) | CM(0)

聖賢 大山梅雄の言葉 

 

大山梅雄
「私は、『なるようにしかならない』人生ではなく、『なるようになる』人生をつくるために努力することのほうが大事であろうと思う。」

 

この言葉の、教えのように、

「なるようにしかならない」人生しか選択できないなら、

人は誰も、努力などしないだろう。

 

  • 人生で上手くいってないとき、
  • 商売で上手くいってないとき、
  • ○○できてないとき、

 

人は誰でも、

「なるようにしかならない」

と格好付けて、努力を止め、その場から逃げ出したくなる。

 

「なるようになる」

人生をつくるための努力は、辛く、苦しい。

 

だから、「なるようにしかならない」と投げ出してしまうのだ。

 

聖賢と呼ばれる人は、この

「なるようにしかならない」

と誰もが投げ出すところを、“グッ”と堪えて、

ただひたすら努力して、

「なるようになる」

人生にしてきた人ではないだろうか。

 

聖賢であれ、私のような凡人であれ、スタートラインは皆同じだ。

聖賢にだけ、特別な“何か”が与えられているのではない。

 

誰もが、

「なるようにしかならない」

と言って立ち止まっているとき、

「なるようになる」いや「なるようにしてやる」

と歯を食いしばって、努力したからこそ、聖賢と呼ばれているだけなんだ。

 

心の中で、

「なるようにしかならない」

と甘えが芽生えたら、この言葉を思い出してほしい。

 

「『なるようになる』人生をつくるために努力することのほうが大事」

という言葉を思い出してほしい。

 

そうすればきっと、“あなた”が思う思い通りの人生、

「なるようになる」

人生を手に入れられるはずだ。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2008/11/06 19:40 ] 聖賢の知恵 | TB(0) | CM(0)

聖賢 ドワイト・D・アイゼンハワーの言葉 

 

ドワイト・D・アイゼンハワー
「一日を顧みて、どこか面白かった、楽しかった、本当に満足だったという所がなければ、その一日は無駄に過ごしたことになる。私にとって、それは神にそむく事であり、よこしまな事なのだ。」

 

一日を顧みることさえできないほど、目まぐるしい毎日。

普通なら、一日を顧みることさえ難しいのに、あえて、もう一歩踏み込んだ、この言葉の深さ。

 

「一日を顧みて、どこか面白かった、楽しかった、本当に満足だったという所がなければ、その一日は無駄に過ごしたことになる。」

 

まさに、聖賢と呼ばれる人の、日常のパワーを感じます。

 

日々を

“面白い”

“楽しい”

“満足”

と感じるためには、一瞬一瞬を大切にして、いつも120%で行動してないと無理です。

 

少しでも、

自分自身に甘えたり

物事を先送りにすれば

一日を顧みたとき、後悔だらけになってしまうはずです。

 

一日を無駄に過ごしたと思わないためにも、この言葉に一歩でも近づけるようにしたいものです。

 

天与の、この人生。

毎日を

“面白く”

“楽しく”

“満足”

できるように生きることこそが、私たちの使命ではないでしょうか。

 

悔いのない人生を生きるために、この言葉を何度も読み返し、心に刻んで、日々精進してください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2008/10/26 13:47 ] 聖賢の知恵 | TB(0) | CM(0)

聖賢 ビル・ゲイツの言葉 

 

ビル・ゲイツ
「成功の鍵は、的を見失わないことだ。自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、そこに時間とエネルギーを集中することである」

 

聖賢と言われる人たちは、一様に同じ事を言われます。

 

「自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、そこに時間とエネルギーを集中することである」

まさに、この言葉を実行した人が、聖賢と呼ばれる人物になるのではないでしょうか。

 

時に、人は

的を見失い

時間をもてあまし

エネルギーを分散させて

それでも、結果が出ると自惚(うぬぼ)れてしまいます。

 

ですが、コレでは駄目です。

 

時間は有限であり

エネルギーは有限なのです。

だから、時間とエネルギーを一点に集中させませんと、結果は出ません。

 

成功と失敗を分けるものは、

物の見方の違いであり

考え方の違いだけです。

小難しい能力など、成功と失敗を左右する条件にさえなりません。

 

聖賢と呼ばれる人と、そうでない人の違いは、たった一文で書き表せることです。

 

「成功の鍵は、的を見失わないことだ。自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、そこに時間とエネルギーを集中することである」

 

この言葉を何度も読み直し、一歩でも聖賢に近づけるように努力してください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2008/10/16 20:13 ] 聖賢の知恵 | TB(0) | CM(0)

聖賢 レオナルド・ダ・ヴィンチの言葉 

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ
「鉄が使用せずして錆び、水がくさりまたは寒中に凍るように、才能も用いずしてはそこなわれる。」

 

天与の才は、誰にでも与えられています。

それを見つけ、一心に磨いてこそ、天与の才は光り輝くのです。

 

“鉄が使用せずして錆び、水がくさりまたは寒中に凍るように”

 

天与の才に気付かない者は、

自分が生まれた不運を嘆き、人生を自分で暗く苦しいものにしてしまいます。

 

聖賢と呼ばれる人と、私たちの違いは何でしょうか?

 

  • 才能でしょうか。
  • 生まれた家柄でしょうか。
  • 運でしょうか。

 

全て違うはずです。

生まれたときは、皆、裸だったのです。

聖賢と呼ばれる人も、私たちも皆同じなのです。

 

たった一つ違うのは、

 

“才能も用いずしてはそこなわれる。”

 

ということを知り、天与の才を磨いただけなんです。

 

人生に、遅いも、早いも、ありません。

幾つになっても、一歩は踏み出せます。

 

天与の才は、皆さんの心の中に必ずあるものです。

 

“才能も用いずしてはそこなわれる。”

 

この言葉を信じ、今すぐに、天与の才を磨き、聖賢への道を歩み始めてください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2008/10/06 19:24 ] 聖賢の知恵 | TB(0) | CM(0)

聖賢 矢野恒太の言葉 

 

矢野恒太
「およそ人間の地位や名誉、財産ほどくだらないものはない。わしは無一文で生まれてきたのだから、無一文で死ぬのが理想だ。」

 

まさに、豪快そのものの名言です。

「およそ人間の地位や名誉、財産ほどくだらないものはない。」

と切って捨てられる境地に至ったからこそ、言える言葉です。

 

誰でもが、一度はこう言ってみたいと思うのですが、この言葉を心から言えるようには、そう簡単にはなれません。

何度も挫折(ざせつ)を経験して、苦しみを乗り越えて、始めてこの言葉は言えるのではないでしょうか。

 

「わしは無一文で生まれてきたのだから、無一文で死ぬのが理想だ。」

夢を現実にした人にとっては、天与を完(まっと)うできたこと以外は、何もいらないのだと思います。

 

全ての人に感謝し、生かしてもらっている喜びを知った聖賢は、皆口を揃(そろ)えて同じことを言われます。

聖賢にとっては、無一文で生まれきたのですから、無一文で死ぬことを至極当然であり、そうすることが理想なんだと思います。

 

人間誰しも、地位や名誉、財産に固執しますが、

 

「およそ人間の地位や名誉、財産ほどくだらないものはない。わしは無一文で生まれてきたのだから、無一文で死ぬのが理想だ。」

 

この言葉を、今一度、自問自答して、聖賢に一歩でも近づけるように、努力してください。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2008/09/28 17:32 ] 聖賢の知恵 | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。