スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブランド 

 

ブランドとは、米国マーケティング協会(AMA)によりますと、「ある売り手の財やサービスを他の売り手のそれと異なると認識するための名前・用語・デザイン・シンボル、およびその他の特徴」(1988)と規定されています。

 

簡単に言えば、「ありとあらゆるものがブランド」と言えるわけです。

 

例えば、

 

  • 日本やアメリカ等の国
  • 東京や大阪や名古屋などの都道府県名
  • トヨタやニッサンなどのメーカー
  • 芸人や歌手などの芸能人

 

などから、机・鉛筆に至るまで、「ありとあらゆるものがブランド」なんです。

 

もちろん、私も皆さんもブランドです。

要するに、お客様がブランド名によって、品質や特徴、サービスなどを連想するキーがブランドということになります。

 

例えば

 

  • スターバックスといえば、美味しい珈琲

 

と連想できます。

これが、スターバックスのブランドの一つと言えます。

 

ブランディングとかブランドの確立などといわれているのは、このブランド(品質や特徴、サービスなどを連想するキー)を構築していくことです。

ブランド構築には様々なツールを組み合わせ総合的に構築する必要がありますが、なかでも

 

  • イベント
  • パブリシティ(代金を払わない広報活動)
  • パブリック・リレーションズ(双方向性コミュニケーション)

 

などの広告・宣伝活動といえるものが重要だとされています。

 

ブランド価値の創造は、ビジネス戦略の重要なポイントとされており、優れたブランドは合理的ベネフィット(利益)だけではなく、感情的ベネフィット(利益)もお客様に提供できると考えられています。

 

 

スポンサーサイト

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2008/07/27 21:01 ] 用語集 | TB(0) | CM(0)

CRM 

 

CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)とは、顧客満足度を向上させるために、顧客との関係を構築することに力点を置く手法のことで、顧客関係管理、顧客情報管理、顧客関係構築、顧客管理などと訳されています。

 

CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)は時代とともに、さまざまな形で説明されてきたため、CRMの概念も諸説様々なのが現状です。

もともとCRMという手法は、ITベンダーが提唱したと考えられているので、CRMはシステムの一種だという説もありますが、基本的にはマーケティングの一手法という考え方が一番近いと考えられています。

 

CRMの基本は「データベース・マーケティング」「リレーションシップ・マーケティング」にあるとされており、様々な顧客データベース(顧客基本情報、購買履歴、デモグラフィック等)を活かしたターゲット・マーケティングをより効果的に行うことで顧客満足を提供し、企業と顧客との関係を維持し、長期的にお互いに利益を得ることを目的としています。

 

しかし現時点では、CRMは上手く機能してないと言わざるを得ないのが現状です。

現状は、CRMという手法ばかりが先行して、CRMの手法を導入している企業は、顧客データベースを分析して顧客の情報を利用し、商品を売るためだけのマーケティングをしているといえます。

 

これを、CRMの本来の考え方である、「企業が顧客満足を提供し企業と顧客の関係の維持を図る」という原点に立ち返れば、企業と顧客の関係は良好になり、望ましい未来を約束してくれると思われます。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2008/05/03 18:10 ] 用語集 | TB(0) | CM(1)

広報活動(パブリシティ) 

 

パブリシティとは広義に捉えれば、商品やサービス、情報などの広報活動といえますし、狭義に捉えれば、商品やサービス、情報などの記事化・映像化だと言えます。

広報活動(記事化・映像化)と言うことはメディアの持つ公共性、公的な立場でのフィルタリングにより、客観的に価値判断されたものを言い、基本的にはコストの掛からない広報活動です。

記事・映像である以上メディア側がスペースを確保し記事・映像として掲載・放映されるので、信用性は大きいと言えます。

ですから、客観的に掲載・放映の価値がないと思われるものは、記事化・映像化されることはありません。

広告の場合は企業がスペースを購入して広告を掲載・放映しているので、極論を言えばどんな広告であろうと掲載料さえ支払えば雑誌・新聞のトップ一面に広告することも可能ですし、一日中広告をテレビで放映することも可能です。

広告スペースを企業が料金を支払い購入しているのですから、企業側の都合の良い内容であったとしても、問題視されることはありませんが、信用性という面で言えば広告の信用性はかなり低いです。

※現実問題としては、メディア側には厳しい審査体制があるので、掲載料さえ支払えばどんな広告でも掲載・放映できる訳ではありません。

広報活動(記事化・映像化)とは情報化社会で皆さんの感覚の中に根付いている「信用できる情報源(メディア)からの情報はフィルタリングすることなく信用する」という習性を上手く利用した、効果的な広報活動ということができます。

言い換えれば、下記のような利点があると言えます。

  • メディアの持つ客観的な信用力を身に付けることにより、企業のビジネス活動を優位に勧めることが出来る。
  • 記事であるため、基本的には掲載費用は全く必要ないので、無料で抜群のビジネス効果を得ることが出来る。

ただし、反面、

  • メディア側に価値の判断基準、掲載・放映日時、掲載・放映スペース等が委ねられているため、計画的な広報活動は難しいと言えます。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2008/02/23 07:29 ] 用語集 | TB(0) | CM(4)

SWOT分析 

 

SWOT分析とは、1960年代から70年代に、アルバート・ハンフリーにより構築、考案された、経営戦略策定のほかにマーケティング計画やビジョン、戦略企画立案、バランス・スコアカードISOマネジメントシステムの構築など、幅広い分野で活用される分析手法の一つです。

SWOT分析のSWOTとは、Strengths(強み)、Weaknesses(弱み)、Opportunities(機会)、Threats(脅威)の頭文字を取ったもので、この4つを組織の外的環境に潜む機会(O=opportunities)と脅威(T=threats)、その組織が持つ強み(S=strengths)と弱み(W=weaknesses)を確認・評価することを目的として分析する手法がSWOT分析です。

自社の強み(S=strengths)「他社と比較して明らかに有利な点」を生かしてマーケット(市場)での機会(O=opportunities)「好影響をもたらしてくれる機会」を伺い、自社の弱み(W=weaknesses)「他社と比較して明らかに不利な点」を隠してマーケット(市場)での脅威(T=threats)「悪影響をもたらす脅威」を回避するマーケティングの勝ちパターンを導き出すには、数ある分析手法の中でも著名な分析手法の一つとされています。

<参考>
SWOT分析を使い自社のStrengths(強み)とWeaknesses(弱み)、市場でのOpportunities(機会)とThreats(脅威)を導くためには下記の質問に答えると簡単です。

  • 自社の強みをどのように活かせば良いか?
  • 自社の弱みをどのように克服すれば良いか?
  • 市場での機会をどのように利用すれば良いか?
  • 市場での脅威をどのように取り除けば良いか?

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2008/01/27 10:12 ] 用語集 | TB(0) | CM(0)

マーケティング 

 

マーケティングにおいては、フィリップ・コトラーピーター・F・ドラッカーが特に有名である。二人のマーケティングいついての基本的考え方は、以下の通りである。

ピーター・F・ドラッカー
顧客というものをよく知って理解し、製品(ないしサービス)が顧客に「ぴったりと合って」、ひとりでに「売れてしまう」ようにすること。
フィリップ・コトラー
どのような価値を提供すれば、ターゲット市場のニーズを満たせるかを探り、その価値を生み出し、顧客に届け、そこから利益を上げること。

二人の巨匠が言っていることは厳密に言えば差違はあると思うが、簡単に言えば「過当競争を無くし、販売を不要とするための手段」とでも言えるのではないかと思う。

なお、補足ではありますが、日本ではあまり馴染みがないないのですが、アメリカにおけるマーケティング研究の中心であるアメリカ・マーケティング協会(AMA)におけるマーケティングの基本的考え方も参考までに記載しておきます。

アメリカ・マーケティング協会(AMA)
個人及び組織の目的を満たすような交換を創出するためのに、アイデア、財及びサービスの着想、価格設定、プロモーション、そして流通を計画し、実行するプロセスである。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2008/01/15 07:27 ] 用語集 | TB(0) | CM(0)

AISAS(アイサス)モデル 

 

「AISAS(アイサス)モデル」とは、「AIDMA(アイドマ)モデル」をインターネット時代に対応させたモデルで、インターネットを積極的に活用する現代消費者の購買行動プロセスに関するの仮説で、「Attention(注意)」「Interest(興味)」「Search(検索)」「Action(購買)」「Share(情報共有)」の5段階で構成されています。

「Search」は、Yahoo!やGoogleなどの有名検索サービスが一般的に利用されるようになり、商品や興味を持った消費者が、まず第一に検索する行動パターンを指しています。

「Share」は、ブログやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、口コミサイトなどを媒介とし、消費者間の情報交換・共有(使用感・評価)を指していて、今まで行っていた広告などの商品提供者側からの一方的なプロパガンダでは消費者の購買行動パターンを囲い込みできないことを指しています。

インターネットが普及した2002年頃から顕著に表れた消費者の購買行動パターンを代表するモデルで、提唱者である電通の商標登録(2005年6月)となっています。

Attention(注意)
お客様の注意を引くために、広告・宣伝などで潜在顧客の顕在化を行う
Interest(関心)
お客様に商品の概要または詳細を知ってもらい、興味を持たせることで関心を引く
Search(検索)
お客様が興味を持った商品を検索するという行動パターンを上手く利用する
Action(行動)
お客様に最終的に商品への購買行動を起こさせる
Share(情報共有)
お客様に商品を売った後も、消費者間の情報交換・共有で、商品に対する価値を共有させ、次の消費者の購買行動を促す。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2008/01/09 16:17 ] 用語集 | TB(0) | CM(0)

AIDMA(アイドマ)モデル 

 

購買行動プロセスモデルに関して、1920年代にアメリカのS.Roland Hallが提唱した消費者の購買行動の仮説であり、消費者の購買行動心理に着目した購買行動プロセスモデルの原型と言われています。

「AIDMA(アイドマ)モデル」は特定の商品を消費者が認知してから購買に至るプロセスモデルを意味しており、「Attention(注意)」「Interest(関心)」「Desire(欲求)」「Memory(記憶)」「Action(行動)」の5段階で構成されています。

マーケティング用語としては非常に有名で、汎用的に使用されるモデルであり、現在でも形をかえたモデルが数多く提唱されていますが、その原型はこの「AIDMA(アイドマ)モデル」であると言えます。

Attention(注意)
お客様の注意を引くために、広告・宣伝などで潜在顧客の顕在化を行う
Interest(関心)
お客様に商品の概要または詳細を知ってもらい、興味を持たせることで関心を引く
Desire(欲求)
お客様にその商品を購買するとで満足感が得られることを理解させ、商品に対して強い欲求を持たせる
Memory(記憶)
お客様に商品を強く印象づけ記憶させて、商品に対する強い要求を持続させる
Action(行動)
お客様に最終的に商品への購買行動を起こさせる

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2008/01/08 18:36 ] 用語集 | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。