スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

相手の視点で考えてみる 

 

人ってね、

 

自分の視点で、どうしても考えちゃう…

 

んだ。

 

 

だから、

 

自分の意見が正しい…

 

と思い込んじゃう。

 

 

こうならないためには、

 

どんな時でも、最初は、相手の視点で考えてみる…

 

ことが必要だと思うな。

 

 

=================================================

 

 

自部の意見が正しいと思い込む…

 

耳が痛い言葉です。

 

 

しかし、実際は、

 

このように偏っている…

 

のも、また事実なんです。

 

 

まず、相手の立場に立って、相手の視点で、冷静に物事を考えてみる…

 

自分の意見が正しいと思い込まないよう、自分より、まず相手の意見を受け入れることが、必要なのではないでしょうか。

 

 

スポンサーサイト

記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


目立たないと、お客さまは来ない 

 

みんなに知られて…

 

いて、

 

宣伝しなくてもお客さまが集まる…

 

のなら、

 

あえて、ひっそりやる…

 

のも、いいかもしれないね。

 

 

でも、そうじゃないなら、

 

目立たないと、お客さまは来てくれない…

 

ってことを、

 

絶対に、忘れないように…

 

しないと…。

 

 

=================================================

 

 

目立たないと、お客さまは集まらない…

 

まさに、その通りだと思います。

 

 

最初から、ひっそりやっていたのでは、

 

お客さまは集まらない…

 

のです。

 

 

多くのお客さまに知られるまでは、まず最初、目立つことだけを考える…

 

お客さまが押し寄せてくるようになるまでは、まず他より目立つことが、何よりも大切なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2016/02/05 06:57 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

だから、商売って奥が深い… 

 

商売…

 

ってね、

 

難しく考えれば、いくらでも難しくなる…

 

んだ。

 

 

だって、

 

商売に正解なんてない…

 

からね。

 

 

でも、

 

いい加減でも困る…

 

んだ。

 

 

だから、

 

商売って奥が深い…

 

んだよ。

 

 

=================================================

 

 

難しく考え過ぎても、いい加減でもダメ…

 

 

たしかに、

 

商売…

 

とは、

 

どこまでも奥が深い…

 

ものです。

 

 

だからこそ、

 

努力と勉強…

 

が必要なのかもしれません。

 

 

難しく考え過ぎず、安易に考え過ぎず、謙虚な気持ちで、日々精進努力する…

 

両極端で考えるのではなく、奥の深さを謙虚な気持ちで受け入れ、毎日精一杯努力することが必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2016/02/04 06:53 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

怖さを乗り越える 

 

何かを新しく始める…

 

のは、ちょっと怖いよね。

 

 

「もし、失敗したらどうしよう…」

 

って、思っちゃうからね。

 

 

でもね、

 

ここを乗り越えない…

 

と、

 

何も新しいことは始められない…

 

んだ。

 

 

=================================================

 

 

怖さを乗り越える…

 

この怖さを乗り越えないことには、新しいことなんて始められません。

 

 

これでは、

 

いつまで経っても現状のまま…

 

です。

 

 

現状から一歩抜け出したいなら、勇気を振り絞って、怖さを乗り越える…

 

一歩踏み出したいけど「怖いからやらない…」では、いつまで経っても現状維持になってしまうのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


まだまだ需要を生むことは可能 

 

世の中の商品やサービス…

 

が、すべて、

 

痒いところに手が届いているわけじゃない…

 

んだ。

 

 

誰かの痒いところに手が届いて…

 

いれば、

 

誰かの痒いところには、手が届いてない…

 

んだ。

 

 

つまりね、

 

ちょっとした工夫次第…

 

で、

 

まだまだ需要を生むことは可能だ…

 

ということでもあるんだよ。

 

 

=================================================

 

 

誰かの痒いところには、まだ手が届いてない…

 

たしかに、その通りだと思います。

 

 

ほんのちょっと工夫を凝らせば、

 

こういった「誰か」を引き寄せる…

 

ことも可能なんです。

 

 

どういった工夫を凝らせば、お客さまの痒いところに手が届くのかを考える…

 

今あるものに、ちょっとした工夫を凝らすだけで、お客さまの心を掴むこともできるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2016/02/02 06:52 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

勇気を出して、道を探す 

 

道に迷ったら、立ち止まる…

 

これは、仕方のないことだよ。

 

 

ただね、

 

いつまでも、その場に留まっている…

 

のは、良くないな。

 

 

勇気を出して、

 

道を探す…

 

ことも必要だと思うな。

 

 

=================================================

 

 

立ち止まること…

 

これは、誰にだってあることです。

 

 

しかし、言われるように、

 

立ち止まり続ける…

 

のは、考えものです。

 

 

たとえ、道に迷って立ち止まることがあっても、道を探すことは諦めない…

 

どんなに道に迷ったとしても、道を探すことを諦めさえしなければ、きっと探し求める道は見つかるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2016/02/01 06:14 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

現状というのは、未来じゃない 

 

うまくいってないと、

 

現状が嫌になる…

 

ことだってあるよ。

 

 

ただね、

 

現状というのは、未来じゃない…

 

んだ。

 

 

頑張れば、

 

未来は、変えることができる…

 

からね。

 

 

=================================================

 

 

未来は、変えることができる…

 

まさに、その通りです。

 

 

どんな現状…

 

であっても、

 

それは未来ではない…

 

のです。

 

 

現状がどうであれ、未来に向けて、できることを一生懸命やり続ける…

 

現状に負け、諦めてしまうのではなく、未来に向け、足を踏ん張って、頑張り続けることが必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


すぐに商品が見つかるようにする 

 

お客さまって、

 

わざわざ探してまで買おう…

 

とは、あまり思わないんだ。

 

 

なので、

 

できるだけ、すぐに商品が見つかるようにする…

 

ことが大切なんだ。

 

 

たった、これだけでも、

 

売れ行きは変わってくる…

 

からね。

 

 

=================================================

 

 

商品を見つけやすくする…

 

 

たしかに、

 

よほど欲しい商品…

 

でないと、

 

探す手間を掛けてまで、買おう…

 

とは、思わないものです。

 

 

お客さまの頭に閃いた商品が、すぐに見つけられるように工夫を凝らす…

 

頭に閃いた瞬間、すぐにパッと見付けることができれば、お客さまの購買確率も上がるのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2016/01/30 06:15 ] 本音の技術 | TB(0) | CM(0)

自身がこうならないように、戒める 

 

人ってね、

 

あと一歩のところまで来ると、なぜか気が緩んじゃう…

 

んだ。

 

 

会社も同じでね。

 

 

もう一踏ん張りすれば、事が成る…

 

のに、

 

気を抜く…

 

んだよ。

 

 

トップは、

 

自身がこうならない…

 

ように、戒めないとね。

 

 

=================================================

 

 

自身を戒める…

 

リーダーにとって、これは、

 

重用な才の一つ…

 

です

 

 

あと一歩で気を抜かないように、自身を戒められるリーダーを目指す…

 

あと一歩というところで気が抜けてしまうのも人情としては分かりますが、リーダーとしては厳しくあることが必要なのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。


ページ最上部へ  [ 2016/01/29 06:59 ] 才覚の法則 | TB(0) | CM(0)

真剣に見ようとするから、真実が見える 

 

目を開けてさえ…

 

いれば、

 

物事の真実が見える…

 

わけじゃないんだ。

 

 

真剣に見よう…

 

とするから、

 

真実が見えてくる…

 

んだよ。

 

 

=================================================

 

 

まさに、その通りです。

 

 

目を開けていれば、何でも見える…

 

わけではないのです。

 

 

一心不乱に真剣に見ようとするから、真実も見えてくる…

 

のです。

 

 

ただ目を開いているだけでなく、真剣に物事の真実を見ようとする…

 

ただ目を開いて見ているだけ、これでは、いつまで経っても、物事の真実は見えてこないのではないでしょうか。

 

 


記事を読んで頂き、ありがとうございます。

お帰りの際に、応援の一押し、お願いします。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。